親和クリニック 東京・名古屋・大阪
総院長 音田 正光

プロフィール詳細

自毛植毛の術後についての質問一覧

自毛植毛の術後に日常生活で気を付けることはありますか?

自毛植毛の術後は、短くした毛を毛根毎移植する手術ですので、手術が終わってすぐは短い毛のままです。半年から1年を掛けて移植毛が成長をして、初めて理想のヘアスタイルを追求できます。
自毛植毛の手術は、頭髪の薄くなった生え際や頭頂部に対して、密度の濃い後頭部から細胞を移植することで薄毛を解消する方法ですので、自毛植毛の術後は移植先部位と移植毛が生えていた部位の両方が傷ついたりしないよう、日常生活の中でも注意が必要です。

自毛植毛の術後に気をつけることの代表例はやはり洗髪。術後に洗髪しないでいると雑菌も増えてしまい、それも頭皮のケアには良くない状態となりますので、必ず洗髪を行って頂きます。術後翌日には当院にて洗髪を行います。それ以降は患者さまご自身にて洗髪を行って頂きます。

術後はまだかさぶたもありますので頭皮に痒みを感じるかもしれませんが、決してゴシゴシと掻くように洗うのではなく、指の腹や手のひらを使って優しく頭皮をようにして下さい。

・シャンプーは頭皮に刺激が強いものを避け、頭皮の保護を行うようなものを使用して下さい。
・シャワーは直接移植部には当てず、後頭部などにシャワーヘッドを当てるようにして、流れてくるお湯で移植部を洗い流して下さい。
・洗髪後、髪を乾かす際もタオルなどで強くこすらないよう、吸水性の良いタオルを押し当てるようにして乾かす様にしてください。
・またドライヤーをご利用の際には、直接移植部には風を直接当てず遠目から、風を当てて下さい。ある程度乾いたら自然乾燥させてください。

これらの点に注意し、頭皮を十分にケアする事によって毛髪の生着率も向上してきます。
自毛植毛の術後、洗髪方法について十分にご説明致しますが、ご自身での洗髪に不安がある方は再度当院にご相談ください。
当院では専用の洗髪台もあり手術翌日には自毛植毛手術後の頭皮を傷つけることなく丁寧に洗髪を行います。

また、生活習慣の中で注意する点としては血行を促進する飲酒や過度な運動など、過剰に血行が促進される行為や、喫煙は、血行が阻害されます。また手術部位への直射日光が傷口を悪化させ生着率を下げる可能性がありますのでご注意ください。
当院では患者様のライフスタイルや嗜好を考慮した上で、術後も安心してお過ごしいただけるよう適切な手術法と術後の過ごし方をご提案させていただきます。
例えば、すぐに普段通りの生活を送りたい方や仕事で休みの取れない方には、従来の自毛植毛手術だと手術前に毛髪を短く刈上げてしまい傷口やかさぶたを髪で隠せないので、髪を短く刈上げる必要がなく傷口も非常に小さく済ませられる当院のオリジナル術式「NC-MIRAI(エヌシーミライ)法」が大変おすすめです。

自毛植毛に少しでもご興味のある方、また当院で行う自毛植毛についてもっと詳しく知りたいという方はぜひ音田までご相談ください。

無料カウンセリング相談する

自毛植毛の術後について、他の質問

NOW LOADING