電話する
0120-8686-71

 無料メール
相談

 無料カウンセリング予約

親和クリニック 東京・名古屋・大阪・福岡
総院長 音田 正光

プロフィール詳細

自毛植毛の術後についての質問一覧

自毛植毛を周囲に知られたくないのですが、簡単にばれるものでしょうか?

自毛植毛は、急に濃くなるのではなく、一旦抜け落ちてから、今までにあった毛と同じように時間をかけて徐々に濃くなっていきますので、人工毛の植毛やかつらなど、直接毛髪を増やしてみせるものに比べて、違和感によってばれる可能性は低いといえます。
しかし、当然のことながら自毛植毛による髪の濃さの変化で最終的にばれてしまう可能性もありますし、それ以外にも(染髪している方は)髪の色の変化や傷跡の状態、かつらの使用などによって、周囲にばれてしまう場合がありますので、それぞれの対処法などについてご紹介いたします。

髪の色の違いによってばれてしまうケース

周囲の髪の色と異なる色の髪が生えてきたら目立つのは当然ですが、自毛植毛は微妙な色合いも含めて同じ自分の髪が生えるため、とても自然です。この点は、やはり自毛植毛のメリットと言えます。
しかし、自毛植毛の場合は手術後1か月程度の時間を置いてからでないと植毛した髪の定着に悪影響となってしまう事から、しばらくの間は髪を染める事ができませんので、手術前に髪を染めていた場合はどうしても髪の色が異なる状態になってしまい、ばれる原因となります。
植毛前は、なるべく髪染めは控えて頂き、髪色の違和感によってばれるのを防ぐことができます。

自毛植毛の傷跡によってばれてしまうケース

いままで行われてきた自毛植毛は、植毛元の毛が生えている部分に傷痕が残ったり、植毛の際に一度刈り上げたりする関係で、自毛植毛の手術跡がばれやすかったという面があります。しかし、当院で行っているNC-MIRAI(エヌシーミライ)法は、刈り上げの必要はありませんし、傷跡も従来と比べ大変小さく、また腫れません。
そのため、傷跡からばれる可能性はほぼないという事ができます。

ヘアピース(かつら)の使用をやめることによってばれるケース

一般的にヘアピースは正常の人間の髪の密度よりも30%ほど濃く作ってあるため、その濃さに周囲の人目が慣れてしまっていると、自毛植毛後に使用をやめた際、髪が不自然に薄くなったように感じられる場合があります。
当院の自毛植毛は、髪の毛がしっかりと生え揃うまで、そのままヘアピースを使用することもできますので、ある程度伸びてきて髪を切るタイミングでヘアピースの使用を中止する事で、自然に移行する事が可能です。

自毛植毛がばれてしまうケースとしてよくあるものは以上となりますが、基本的に自毛植毛、とりわけNC-MIRAI(エヌシーミライ)法による自毛植毛は他の方法と比べ、周囲にばれにくく、自然な形で髪を増やす事ができる方法であるといえます。
自毛植毛についてご不安な点は手術前・後問わず、是非ご相談ください。

自毛植毛の術後について、他の質問