親和クリニック大阪
院長 滝田 賢一

プロフィール詳細

自毛植毛の術後についての質問一覧

自毛植毛後の毛髪の寿命はどのくらいですか?

自毛植毛後の髪の毛がどういうものなのか気になるかと思います。せっかく自毛植毛をしても、その毛髪がすぐに抜け落ちてしまうのではないか?と心配される方も多くいらっしゃいます。

ご質問にある髪の寿命についてですが、通常の髪にも寿命は存在し、一般的には髪の寿命は2年から6年と言われています(女性より男性の方が少し寿命は長いと言われています)。そして髪の成長には大きく分けて「成長期」「退行期」「休止期」の3つサイクルがあり、毛周期(ヘアサイクル)と呼ばれています。薄毛を克服するためには髪の寿命や毛周期(ヘアサイクル)についてよく理解することが大切で、むやみやたらに薄毛対策に手を出したとしても効果を望むことは難しいでしょう。

自毛植毛後の髪は、基本的に通常の髪との違いはありません

まず、最初に自毛植毛によって生着した毛髪については、加齢に伴う変化はありますが、正しく植毛が行われていれば、植毛した毛髪だからといって通常の毛髪より劣る、寿命が短いということはありません。

通常の髪同様に2年から6年の寿命の中で成長し、たとえ寿命が来たとしても、また次の毛髪が伸びてきます。

当院が推奨する「自毛植毛」では、今実際に自分の頭に生えている毛を移植します。薬によるAGA治療など従来の薄毛の進行を止める治療とは根本的に異なります。

毛の部分のみを移植するのではなく、毛を作り出す組織そのものを移植するので、移植した毛髪は定期的なメンテナンスも必要なく生涯にわたり生え変わり続けます。

また、自毛植毛で移植を行う毛髪はジヒドロテストステロン(DHT)という薄毛の原因となるホルモンの影響を受けにくい性質の毛髪であるため、移植後にまたすぐ薄毛症状が進行する心配もありません。

自毛植毛後の一時的な脱毛とショックロスについて

自毛植毛を受ける前には、必ず事前に一時的な脱毛について理解しておく必要があります。

驚かれるかもしれませんが、自毛植毛にて移植した髪の多くは、術後1~3か月程度で短いまま抜け落ちるのが一般的です。

この現象を「一時的脱落」と呼びます。 「髪の寿命が来たのでは?」「植毛が失敗だったのでは?」と思われる方がいらっしゃいます。 せっかく移植した毛が抜け落ちてしまうため、とても不安になるかと思いますが、あくまで一時的であり、正常な現象ですのでご安心ください。

原因としては、移植した細胞が生着した際に、ヘアサイクルが一時的にリセットされ、新たな毛髪を作り出すことにより、移植した時の毛髪が抜けてしまう為と言われています。

また、移植した周りの毛髪が抜けてしまう「ショックロス」も知っておく必要があります。これは、一時的脱落と同様に、術後に起こる脱落です。手術後のストレスや麻酔によるものと言われていますが、実は医学的にはっきりとしたことは解明されていません。また、男性よりも女性に起こりやすい傾向があります。

両脱落によって髪の毛が抜け落ちたとしても、毛根組織は残っているため、術後からだいたい4~6か月経つと、産毛のような状態でまた新しく生えてきます。そして、個人差はありますが、半年ほどすれば生え揃いはじめ、10か月〜1年ほど経てば太くてしっかりとした髪が5〜10cmくらいまで伸びます。

個人差もあり、患者様の中にはさほど抜け落ちないまま経過される方もいらっしゃいます。
しかし、この一時的な脱落現象は植毛手術後においては至極普通に起こることではあるのであまり心配されないでください。 むしろ、術後の脱落があることを前提とした治療計画をクリニックと相談しておく方がよろしいかと思います。

自毛植毛後、生活習慣の悪化で毛周期(ヘアサイクル)が乱れることがあります

自毛植毛では薄毛の原因となるホルモンの影響を受けにくい性質の毛髪を移植するため、薄毛になりにくく、概ね1年後には太くてしっかりとした毛に成長していきます。
しかし、この毛も毛周期(ヘアサイクル)を持つ髪であることには変わりません。ホルモンの影響は受けにくい性質ではありますが、ストレスや生活習慣の悪化によって薄毛が進行する可能性がないわけではありません。

毛周期(ヘアサイクル)について
・成長期(髪の毛が伸びる時期)
・退行期(髪の成長が遅くなる時期)
・休止期(髪の成長が止まっている時期)

毛髪は大きく分けてこの3つの過程を成長期→退行期→休止期というサイクルで進んでいます。

一般的に毛髪全体の中で成長期にあたる毛髪が80%から90%を占めていると言われており、活発に細胞分裂を繰り返し髪の毛は伸びていきます。

・毛周期(ヘアサイクル)の乱れとは?

薄毛でお悩みの方に共通して言えることは毛髪全体の内、成長期にある毛髪の割合が少なくなっていることが原因と言えます。

一般的な髪の寿命と言われる2年から6年ではなく、髪が太く成長する前に抜け落ちてしまうため、毛髪全体の中で退行期と休止期の割合が多く占めることになり、結果的に髪の毛が薄くなってしまいます。

この毛周期の中の成長期が極端に短くなってしまう、毛周期の乱れこそが薄毛の原因と言えます。しかし、その原因は様々で遺伝や生活習慣など個人差があるため、一概に原因を特定することはできません。

・毛周期(ヘアサイクル)の乱れる原因は?

毛周期が乱れる原因としては、そもそも遺伝によるものや、加齢による影響もありますが、日々の生活習慣によっても毛周期は乱れることがあります。

  • 遺伝・加齢
  • 男性ホルモンの影響
  • 血行不良
  • 頭皮・毛髪環境の悪化

詳しい説明ここでは省きますが、これら原因によって、毛周期が乱れる可能性はあり、その結果、髪の成長する期間が少なく寿命が短くなってしまうことになります。

自毛植毛では男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部の毛髪を採取しているため、頭皮に定着させて元々あった髪のように使うことができます。そのため、植毛した毛髪だから寿命が短いということはなく、毛周期が乱れることによって髪の寿命が短くなってしまうことはあります。

男性ホルモンの影響は受けにくいのですが、それ以外は通常の毛髪と何ら変わりないため、生活習慣の乱れによる影響は受ける可能性はあるため注意が必要です。

自毛植毛と人工毛植毛での違いは?

植毛には大きく分けて当院で行なっているご自身の毛髪を移植する自毛植毛と、人工毛を植え付ける方法があります。

人工毛であれば薄くなった部分に際限なく植え込むことができ自由なボリュームができると期待される方も多いかと思います。しかし、人体には免疫反応があり、自毛による植毛とは異なり、人工毛は体が異物として拒絶しようとするため、結果的に頭皮に炎症が起きることがあります。

そして肝心の寿命ですが、毛根自体が存在するわけではないため普段通りに暮らしていたとしても、一度抜けてしまうと、そこから毛が生えてくることはありません。その点、当院の自毛植毛は毛周期による脱毛後も毛根がしっかり存在しているので新しい毛がすくすくと成長します。

また、人工毛による植毛のデメリットとしては、ご希望のヘアスタイルを維持し続けるために、個人差もありますが、1年から3年の間に抜け落ちてしまった人工毛を追加、補毛しなければならないでしょう。

拒絶反応が大きかった場合は、植毛自体を断念するケースもあります。また、幾度となく補毛を行うことによる頭皮がただれたりするケースもあります。人工毛植毛は身体に与える悪影響が大きいことから、アメリカの多くの州では法律で禁止されています。

植毛後の髪の寿命を延ばすためにできることは?

植毛された毛髪はしっかり定着さえすれば、通常の髪と同じであることはご説明した通りです。
一般的な髪の寿命と言われる2年から6年の間、髪は伸び続けます。

たとえその髪の寿命が来たとしても毛根はしっかり残っているため、人工毛の植毛とは異なり成長期が訪れると髪は伸びてきます。

それでは植毛した毛の寿命を延ばすためには何が必要でしょうか?
まずは移植毛の高い定着率が重要です。傷付いた毛根を植え付けても意味がありません。この定着率は術後の過ごし方も影響してきます。

自毛植毛で移植した毛の定着率を高めるために

・信頼できるクリニックを探す

髪の寿命云々の前に移植毛がしっかりと定着していなければ意味がありません。これは医師とサポートするスタッフも含めた連携力、技術力、経験が求められます。
移植後の髪の定着率と手術のスピードには相関関係はありますが、ただ早ければいいというものでもなく、正確性が求められます。

今日、植毛は薄毛治療の根本解決として最も効果的な方法ではありますが、デメリットも少なからずございます。これは個々の生活スタイルや価値観にも左右されるため、時間の許す限りいくつかのクリニックに相談し、できれば実際に足を運ばれてしっかりとご自身の希望をクリニック伝え、それに対して包み隠さず相談に乗ってくれるクリニックを選ばれてください。

・術後の過ごし方について

当院の自毛植毛は日帰り可能です。入院の必要はございません。
術後は激しい運動をお控えいただき、移植部への刺激に注意していただければ、日常生活を送ることは可能です。患者様のご職業や日常の過ごし方をクリニックにしっかりと伝え、その指示に従っていただければ問題はないかと思います。

当院での自毛植毛であればこれまで多くの自毛植毛の症例を経験しているため、患者様の日常生活をヒアリングし、起こりうる注意点やその対策をお伝えすることができます。
どんな些細なことでも、10年後もふさふさと髪が伸び続ける未来のために、遠慮なさらずご相談していただければと思います。

無料カウンセリング相談する

自毛植毛の術後について、他の質問

NOW LOADING