電話する
0120-8686-71

 無料メール
相談

 無料カウンセリング予約

親和クリニック大阪
院長 滝田 賢一

プロフィール詳細

自毛植毛の手術について

「びまん性脱毛症」と診断され内服薬で治療していますが、治るのでしょうか?

男性脱毛症AGAは、薬による治療である程度の改善は可能です。より効果が高い自毛植毛治療という対処法もあります。
一方女性に多い「びまん性脱毛症」も、薬や自毛植毛による治療が可能です。

そもそも「びまん性脱毛症」とはどのようなものなのでしょうか?
その症状の特徴や原因、治療についてご紹介したいと思います。

びまん性脱毛症の症状?

「びまん性」とは、医学用語で「全体的に広がる」という意味を持っています。
その言葉の通り、びまん性脱毛症は部分的な脱毛症状ではなく、髪の毛全体が薄くなるのが特徴です。

またAGA同様、進行型の脱毛症で、徐々に進行していく傾向にあります。
初期症状としては、これらの症状がみられます

  • 髪の毛の抜ける量が増える
  • 髪のボリュームが減った
  • 地肌が目立つ
  • 髪にコシがなくなった

ブラッシングをしていたら、ごそっと髪の毛が抜けるようになったり、頭頂部の髪の毛にボリューム感がなくなり、地肌が広く見えるようになってきた場合などには、びまん性脱毛症を疑ってみてもいいかもしれません。

びまん性脱毛症の原因?

びまん性脱毛症は、いくつかの原因が考えられますがはっきりと特定されていません。

・加齢による女性ホルモンの減少
女性ホルモン「エストロゲン」は、様々な役割を持っています。その一つが、「髪を健やかに保つ働き」です。
しかしながらエストロゲンは、20代後半頃から加齢と共に減少していく特性を持っています。
するとエストロゲンの減少によりヘアサイクルが乱れ、髪の成長に影響し、脱毛しやすい頭皮環境となってしまうのです。
・食生活
髪を健やかに育てるためには、十分な栄養も必要となります。しかし、偏った食生活や過度な食事制限ダイエットを行うと、体内の栄養が不足し、命に関わる機能を優先して栄養がいきわたるため、髪にまで栄養が巡ってこないのです。
・睡眠不足
女性ホルモンは生活習慣の乱れからもバランスを崩します。特に忙しい日々を送る現代日本人に多いのが、睡眠不足による女性ホルモンの乱れです。そして髪の成長(ヘアサイクル)には女性ホルモンが大きく関わっているため、女性ホルモンが乱れることでも脱毛につながりやすくなるというわけです。
・誤った頭皮ケア
頭皮の血行が良いと、髪に栄養が巡りやすくなります。そのため、正しい頭皮ケアは、脱毛予防にも効果的と言えるでしょう。しかしその一方で、間違った頭皮ケアが脱毛の背景を作っている可能性もあります。
例えば、頭皮をゴシゴシと強い力で洗ったり、洗浄力の高すぎるシャンプーを使用したり、さらにはそれらがしっかり落とし切れていないなど・・・良かれと思っている頭皮ケアが逆に悪影響を与えていることもあるので注意が必要です。
・出産
女性は出産を期に、女性ホルモンのバランスが乱れます。特に髪の生成に関わるエストロゲンは、妊娠期には子宮機能を発達させる役割をするため増加傾向にありますが、産後は急激に低下していくという特徴を持っています。そのため、産後に髪が抜けやすくなったり、髪質が変わったという方もいらっしゃるのです。
・喫煙
喫煙は体への影響が懸念されていますが、実はその影響は髪と頭皮の健康にもつながっています。
それは喫煙による血管収縮の作用により、血流も低下するからです。血流が低下するということは、毛細細胞に送られる栄養も滞ってしまうことになります。
・ストレス
ストレスによる女性ホルモンの乱れも、髪に悪影響を及ぼす原因の一つです。
また強いストレスは、自律神経の乱れにもつながります。すると全身の筋肉が緊張し、血行不良にもなりかねません。そのため頭皮の血行も悪くなり、髪への栄養が届かなくなるという影響が起こってしまうのです。

これらはいずれも日常生活と密接した原因要素です。つまり、多くの方がびまん性脱毛症を発生する可能性を日常に秘めているのではないでしょうか。特に女性の薄毛の場合、遺伝的要素が原因である可能性は男性に比べて少ないと考えられます。そのため、日常生活からなる原因要素が強いと考えられるわけです。しかしこれを逆に考えると、生活習慣の見直しや女性ホルモンバランスの乱れを整えれば、薄毛症状の改善も期待できるということになります。

びまん性脱毛症の治療方法?

・内服薬 パントガール

パントガールは、女性の薄毛治療用として初めて開発された内服薬です。
主な作用としては、発毛の促進をはじめ、脱毛を抑制する効果など、びまん性脱毛症の症状全体に効果をもたらす作用を兼ね備えています。

特に発毛効果の面では、細胞代謝を促進する効果をもたらすため、毛細細胞に栄養素が届きやすくなるという優れた効果が期待できます。またパントガールには髪の生成に必要なアミノ酸やタンパク質が配合されているため、栄養素そのものの供給効果を望むことが出来るのです。

また副作用がないのも特徴的で、世界的にもその効果と安全性が認められている薄毛治療薬として知られています。

・ノーニードルメソセラピー

ノーニードルメソセラピーは、エレクトロダームアドバンスという機械を用い、針を使わずに育毛成分を頭皮の奥に注入する治療法です。
従来の治療法の場合、頭皮の深部まで有効成分を届けるために、注射を使用していました。しかし、注射を使用することで、痛みや腫れといった懸念点もあったのです。

そういった痛み・腫れの問題を解消するためにも、ノーニードルメソセラピーでは、特殊なパルス電圧で一時的に頭皮の細胞間を広げて、発毛に効果的な有効成分を高い浸透力で頭皮深部に届けるという方法のため、痛みや腫れの心配はありません。

詳しくはこちらをご参照ください

・自毛植毛

自毛植毛とは、読んで字のごとく、ご自身の頭皮から移植毛の株を採取し、薄毛部分に移植するという方法です。これは自分の髪がしっかりと生える方法であることから、薄毛治療の根本的解決方法として位置づけられています。進行しているびまん性脱毛症であっても、この方法で改善されている患者様も多くいらっしゃいます。しかし自毛植毛は高い技術を必要とする外科手術であるため、まずは実績があり信頼できるクリニックへのご相談をおすすめいたします。

びまん性脱毛症の治療期間

びまん性脱毛症は、個々の患者様の症状・状況によって、治療期間が異なります。例えば初期症状のみがみられる場合には、1ヶ月程度、さらに女性ホルモンの分泌が活発な10代~20代前半の方の場合には、3~6ヶ月が治療期間の目安と言えるでしょう。
しかしその一方で、女性ホルモンの減少が大きくみられる更年期以降の年代の方の場合には1年以上治療を続ける場合もあります。

まとめ

びまん性脱毛症は40代以降の方に多い症状ではありますが、最近は20代~30代の方でも症状を訴えて相談に来られる方は増えています。女性ホルモンは20代後半から徐々に減少していく傾向にありますが、それ以外にも生活習慣の影響からホルモンバランスが乱れることも考えられます。
つまり、20代後半以降の女性にとっては、避けては通れない女性ホルモンの減少という要素の他に、日常の中でびまん性脱毛症になる可能性が潜んでいるということなのです。

またびまん性脱毛症以外にも、ストレス要因が強い「円形脱毛症」や頭皮の皮脂の過剰分泌が原因となる「脂漏性脱毛症」、髪を引っ張るように行うヘアアレンジが原因の「牽引性脱毛症」など、女性を悩ます薄毛症状は様々にあります。

これらの症状を的確に見極めて、適切な治療を行うためにも、少しでも気になった時点で診断を受けることが大切です。早めの症状発覚、治療スタートにより、治療方法の選択肢も広がり、ご自身のご負担も軽減することでしょう。そして何より、健康な髪を1日でも早く取り戻すためにも、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

女性の自毛植毛の悩みについて、他の質問