電話する
0120-8686-71

 無料メール
相談

 無料カウンセリング予約

親和クリニック 東京・名古屋・大阪・福岡
総院長 音田 正光

プロフィール詳細

自毛植毛の手術法について

自毛植毛方法の違いによる痛みの差はどのくらい?

自毛植毛手術は、基本的に麻酔を使用して行うので治療中に痛みを感じるという事はほとんどありませんが、術式の違いによってはり痛みや術後の状態に差が生じることもあります。今回は、自毛植毛で用いられる術式の違いと、それぞれの痛みの特徴について、ご説明いたします。

植毛の術式の違い

植毛には人工毛を用いる「人工毛植毛」とご自身の髪を元に行う「自毛植毛」がありますが、現在の主流は「自毛植毛」となっています。

「人工毛植毛」は人工毛が、身体にとって“異物”と認識されて拒絶反応が起きやすく、頭皮への強いダメージも懸念されるため、近年ではあまり選ばれる傾向にありません。

親和クリニックも行っている、「自毛植毛」は、ご自身の後頭部などから採取した毛根を自分の頭皮に移植する方法です。拒絶反応が起こることもなく定着し、生えた後はご自身の髪と同様に扱うことができます。日常生活にも馴染みやすいと言えるでしょう。

薄毛に悩む人に多く選ばれる自毛植毛は、大きく分けると「FUSS法(FUT法)」と「FUE法」2つの術式が存在します。いずれも手術中は麻酔を使用するため、痛みはほとんどありません。従来の主流であった「FUSS法」がメスを使って皮膚を切り取るのに対して、「FUE法」はメスを使用せず小さなパンチ(金属管)を使って毛穴を一つ一つ採取・移植していくため、術後の痛みやダウンタイムなどは大きく異なります。

ちなみに親和クリニックでは、最先端の術式であるFUE法を効果的に進化させた独自の「MIRAI法」を実施しています。
極小のパンチブレードを使用した採取や移植、熟練した専門医によるハイスピードメガセッション(短時間・大量移植)は、高い薄毛治療効果はもちろん、従来に比べて痛みやダウンタイムも大幅に軽減されています。

FUSS法の痛み


グラフトの採取(FUSS法)

FUSS法では皮膚をメスで帯状に切り取るため、手術後は激しい痛みが続く場合があります。さらには傷口の消毒や抜糸も必要になるため、完全に回復するためには相応のダウンタイムが必要となります。

また皮膚を採取した後頭部に線状の傷が残り、頭皮の痛みや突っ張り感などの強い違和感があることも報告されています。

FUSS法の欠点

FUSSは一度に採取出来る株数に限界があるため、頭部全体を覆うほどの大量の移植は行うなうことが出来ず、また人の手による株分けをしてグラフトを作成する為、仕上がりの髪の密度にも限界があります。採取部の頭皮へのダメージなど身体的・心理的負担が比較的大きい手術です。

メスによる毛根の採取は、皮膚を広範囲にまとめて切り取るので、なかには移植に不適当な髪も存在し、それらは医療廃棄物として捨てられてしまいます。

FUSS法の負担を軽減したFUE法


グラフトの採取(FUE法)

FUSS法では避けて通れないメスによる皮膚の切除を一切行わないFUE法は、細長い管状の専用医療器具で毛根を採取します。頭皮を切ったり縫ったりという過程がないので術後の痛みや頭皮へのダメージもFUSS法と比較すると遥かに少ない術式です。
手術の傷の回復も早く、術後に起きる腫れや炎症が少ないという点も、FUSS法より患者さんの負担が少ない点だと言えるしょう。

技術面でFUSS法の課題となっていた高密度移植も、径の細いパンチを使って採取・移植するため、可能となりました。

FUE法をより最先端に進化させたMIRAI法

FUSS法の主な欠点を克服したFUE法をさらに進化させることで、より高い効果と身体的・心理的負担の軽減を実現させたのが、親和クリニック独自の「MIRAI法」です。

MIRAI法では、世界最小口径0.63mmのマイクロパンチプレードを使用して移植ホールを作成します。高密度移植、痛みの軽減、低侵襲手術が三拍子そろった、患者様に優しい植毛法です。

FUE法の術前の痛みについて

自毛植毛手術は部分麻酔を使うので最初はチクッとした痛みを感じることがあります。手術で感じる痛みは、この麻酔注射の痛みくらいで、あとはほとんど痛みを感じることはありません。

FUE法の術中の痛みについて

術中は麻酔が効いているため、痛みはほぼ感じることはありません。また、ウトウトと眠くなる薬を使うこともあるため、「寝ているうちに、手術が終わっていた」とおっしゃる患者さんもおられます。

稀に術中に麻酔が切れて鈍痛を感じるような場合は、麻酔の追加や鎮静剤を使用するなど、適切な処置を行っていきますので、大きな心配はありません。

親和クリニックでは手術中の痛みや疲れなど患者さんの負担を軽減するため低侵襲・短時間の手術を目指します。もちろん手術の自然な仕上がりとボリューム感にも最大限の努力を払います。

FUE法の術後の痛みについて

術後、麻酔が切れた際には、多少の痛みやヒリヒリ感を訴える方もいらっしゃいますが、鎮痛薬を処方しておりますので必要に応じてお飲みください。耐えられないような痛みを感じることはありません。

まとめ

術後に縫合や抜糸が不要で、傷の腫れや痛み、傷跡の目立ちもFUSS法に比べて少ないFUE法が現在の主流となりつつあります。

親和クリニックはFUE法を独自に進化・発展させたMIRAI法を開発いたしました。しかしMIRAI法は現状に留まることなく、更なる進化を目指して、今現在も改良が続いています。それもすべて、患者様への負担や治療効果をより最大限に実現するためです。

術後の痛みや腫れが全くない手術はありませんが、親和クリニックでは、そういった身体的負担の少ない手術を目指しています。

クリニック選びの際には信頼できる医師や技術を見極めることがとても重要です。

親和クリニックでは、施術前のカウンセリングの際に自毛植毛のメリット・デメリット、すべてをしっかりと丁寧にご説明いたします。患者さんお一人おひとりの疑問や不安な点に丁寧にお答えいたします。ぜひお気軽に無料カウンセリングにお越しください。

自毛植毛の手術法について、他の質問