親和クリニック 東京・名古屋・大阪
総院長 音田 正光

プロフィール詳細

自毛植毛の手術法について

自毛植毛方法の違いによる痛みの差はどのくらい?

自毛植毛手術は、基本的に麻酔を使用して行いますので、治療中に痛みを感じるという事はほぼありません。治療の痛みとしては、どちらかというと治療後の傷痕に対する痛みが強くなりますが、これは術後に痛み止めを処方しますので、初めのうちだけの辛抱になります。

また、施術方法には大きく分けて2つの方法があり、それぞれ治療方法による違いから治療後の痛みの状況などが異なります。

まず、1つ目は、メスを使用する自毛植毛FUSS法(以下FUSS法)です。FUSS法の場合、移植用のドナー株を男性ホルモンの影響の少ない後頭部から、皮膚ごと採取する方法です。
メスを使用し、毛髪を頭皮ごと採取した後、移植用の株として小分けし、移植します。

FUSS法は、やはりメスを使い頭皮ごと採取する方法という事で、手術後の痛みや腫れなどといった症状が現れる事が多くあります。
また、採取した頭皮の上下の皮膚を引っ張って縫い合わせているため、頭皮全体がつっぱったような感じがする人も多く、そのような症状が長期にわたり現れることも少なくありません。
また、抜糸も必要になってくる為、完全に回復するまでには、時間が必要になってきます。

2つ目は、メスを使用するFUSS法とは違い、メスを使用しない自毛植毛FUE法(以下FUE法)です。このFUE法とは、移植用のドナー株を後頭部から採取する際、専用の円筒状の医療器具を使用し、くりぬくようにドナー株を採取する方法です。メスを使わず、ドナー株を採取する事ができる為、市術後は採取部を縫い合わせることもなく、後頭部への負担を最小限に抑える事が可能になります。

メスを使っていない分、術後の回復も非常に良く、腫れなどといった症状が現れることも少ない手術方法です。もちろん、手術後の痛みもそれほどありません。

ですが、やはりドナーを採取してくりぬいた部分については炎症をおこしたり、多少なりとも回復までの間は痛みを感じやすいため、痛み止めなどの服用は必要になります。FUE法の中でもドナーを採取する際の範囲が広いものほど痛みは強く、範囲が狭い程痛みや炎症などは少なくなります。

このように、メスを使用するFUSS法とメスを使用しないFUE法とでは、痛みの他、回復面でも大きな違いがあります。また、メスを使用しないFUE法であっても移植方法や医師の腕などにより変わってきます。
当院では、多くの症例から技術を培った医師が、極力腫れや痛みの少ない最新の方法にて施術いたしますので、ダウンタイムについてはご心配なく治療を受けて頂く事が可能です。

無料カウンセリング相談する

自毛植毛の手術法について、他の質問

NOW LOADING