電話する
0120-8686-71

 無料メール
相談

 無料カウンセリング予約

親和クリニック 東京・名古屋・大阪・福岡
総院長 音田 正光

プロフィール詳細

自毛植毛の手術法について

自毛植毛は頭皮を切らなくてもできますか??

自毛植毛法の一つとして、頭皮をメスで大きく切って株をつくり、移植するという方法(FUSS法)があります。しかしすべての自毛植毛において、頭皮を必ず大きく切るというわけではありません。
頭皮を大きく切らなくても出来る自毛植毛は存在します。

近年の植毛のスタンダードは、FUSS法・FUE法

従来の植毛では、メスを使う自毛植毛FUSS法が最も一般的でした。それ以外にも以下のような方法があります。

・皮弁法(フラップ法):移植部分の頭皮の一部を残してメスで切り、そのまま皮膚を縫い付ける方法
・縮小術(縫縮術):脱毛した部分の皮膚を切り取り、周囲の皮膚と縫い合わせる方法

ただし、いずれも身体への負担が大きいことから、最近では実施される頻度も減っています。

「身体への負担が少ない手術」が求められる近年では、遊離移植法が主流となっています。そしてその術式を大きく分けて【FUSS法】と【FUE法】の2つがあります。

FUSS法

メスを使って頭皮を部分的に切り取り、株分けを行った後、薄毛部分に移植する方法です。
メスを使う方法ではありますが、熟練した医師により頭皮を薄く切除するため、フラップ法時代の術式と比較すると身体へのダメージはいくらか軽減されるようになりました。またフラップ法の術後の不自然さや違和感もだいぶ改善されました。

しかし、結局のところメスを使って皮膚を大きく切るという特性上、術後に傷跡が残る、1回の手術で移植できる株数に限界がある、十分な密度を実現させるために複数回の手術が必要となるなど、いくつかのデメリットが存在します。

術後の痛みも強く出る傾向があり、最近ではFUSS法からメスで切らないFUE法に移行するクリニックも増えてきています。

FUE法

内径1mm~1.2mm程度のパンチを使って、頭皮からドナー株を1毛穴単位でくり抜いて採取し、移植するという方法です。

近年では採取に用いるパンチの径が細くなったことにより、傷跡は直径1mm未満と小さく、FUSS法に比べると痛みもだいぶ軽減されました。また採取によりできた傷痕も数日で自然治癒する等、頭皮のダメージを最小限に抑えることが出来るようになりました。
現代ではFUSS法に比べ選ばれることが多くなり、今後の自毛植毛のスタンダードになりつつある術式です。

従来のデメリットをなくした切らない植毛、MIRAI(ミライ)法

親和クリニックでは、頭部への負担の少ないFUE法を独自に発展・進化させた「MIRAI(ミライ)法」という自毛植毛を行っています。

MIRAI法

メスで大きく頭皮を切るのではなく、内径0.8mm程度の極細のパンチブレードで、移植に必要な毛髪のみを採取し移植する方法です。
従来のFUE法に比べて、大量・高密度の移植を実現出来るようになり、より自然な仕上がりが実現できるようになりました。
また施術時間も従来より大幅に短縮され、患者様の身体的・心理的負担もできるだけ少なく手術を終わらせることが可能です。

NC-MIRAI法(ナチュラル・カバーリング ミライ)

従来のMIRAI法をさらに進化させたものが、NC-MIRAI法です。

MIRAI法から改善された点で、最も注目すべきポイントは、移植株を採取する部分の毛髪を広範囲に刈り上げる必要がなくなったこと。これによって、髪型を変えずに植毛が実現できるようになりました。 そのため周囲の人にも、術前術後の変化がわかりにくく、「バレない」自毛植毛として多くの患者様に選ばれています。

U-MIRAI法(ユナイテッドミライ)

MIRAI法とNC-MIRAI法、双方のデメリットを補うために生まれた治療法です。
「MIRAI法で採取部の毛髪を大きく刈り上げるのは抵抗があるが、NC-MIRAI法では費用面が気になる・・・」といった患者さまの声を受けて開発したUnited-MIRAI法は、自毛で隠すことができる範囲のみを刈り上げ(MIRAI法)、残りを刈り上げない方法(NC-MIRAI法)で採取する術式です。
MIRAI法・NC-MIRAI法、2つの術式を組み合わせることにより、低コストで髪型を大きく変えることなく行える術式です。

まとめ

FUSS法とFUE法では、採取部の傷が治っていくプロセスが異なります。
メスを使わないFUE法はFUSS法にみられるようなドナー部の大きな傷は残りませんが、株を切断せずに採取する為には非常に高い技術を要するため、採取に多くの時間がかかったり、一度の手術で採取出来るドナー株数に限りがあるなどの問題点がありました。

当院が行うMIRAI法は、熟練した医師の技術と最先端の専用機器によって、通常2000株程度と言われていた1回の施術での採取限界数を、3000~4000株まで上げることに成功しています。
また1時間に平均1,000株以上という採取スピードにより、手術時間の短縮、ひいては患者様の身体的負担の軽減も実現しています。

MIRAI法とは、Minimum Invasive Rapid Improveという言葉の頭文字を取った名称です。
患者様の身体の負担を最小限に抑え、素早い仕上がりで高い生着率を実現するという思いが術式名に込められています。

自毛植毛の手術法について、他の質問