親和クリニック 東京・名古屋・大阪
総院長 音田 正光

プロフィール詳細

自毛植毛の手術法について

植毛は切らないで行えるの?

“植毛”と聞くと、メスを使って頭皮を切り取り、それを移植するというイメージがありますが、結論から言えば自毛植毛は切らずに行うことができます。

その方法をFUE法と呼び、移植用のドナー株を、後頭部から医療用パンチを使用して毛根ごとくり抜く方法で、メスを使わない・頭皮を切らない方法として人気が高まってきています。

FUE法の具体的な方法ですが、まずは直径1ミリの細いパンチによって、毛髪を毛包単位でくり抜き、ドナー株を採取するところから開始します。
この際、経験豊富な医師が行えば毛根の切断率はかなり低くなるので、理想的な移植株を採取できます。
このようにして採取した移植株を利用して移植手術を行うというわけですね。

移植株を植え付けるには、標準的な毛包単位ごとの植毛方法と同様で、ごく細いブレード(医療用メス)であけたスリット(切り込み)の中にピンセットを使って植え込むというものが、従来のFUE法による自毛植毛でした。
ドナー部の傷痕は1ミリ程度でくり抜かれますが、自然にふさがりますし、髪の毛が伸びれば全く分からない程度に隠れます。

ただし、このFUE法による植毛は、一回当たりの植毛で採れるドナー株の量には限界があるので、広い範囲の植毛には適しておらず、また、広範囲で多量のFUE法を繰り返していると、後頭部全体が広い範囲で薄毛になってしまう危険性もありました。

さらに、定着率を上げるために毛根の切断を避けるためには、かなり高い医師のスキルが必要となり、ドナー株採取にかなり時間がかかりますので、一度に植毛できる量は制限され、この方法は狭い範囲の植毛でしか行えなかったのです。

しかし、当院では自毛植毛の経験豊富な熟練度が高い医師が施術を行う事で、通常では一日4,000本の毛髪移植が限界といわれている所を、一日13,000本の本数で移植を行うことができるため、一回の植毛手術だけでも十分な範囲の治療を行う事が可能です。

また、最近ではこのFUE法も進化を続け、よりドナー採取の際の負担が少なく、更に定着率も高い方法が考案されました。それが当院で行っているMIRAI(ミライ)法です。
MIRAI(ミライ)法では、ドナー採取・移植の際に用いるパンチに直径0.63㎜という極細のものを使用しており、頭皮への負担が少ない事に加え細かなヘアデザインが可能であるという特徴があります。

無料カウンセリング相談する

自毛植毛の手術法について、他の質問

NOW LOADING