電話する
0120-8686-71

 無料メール
相談

 無料カウンセリング予約

親和クリニック 名古屋
院長 福島 俊彦

プロフィール詳細

薄毛の悩みについて

AGA(男性型脱毛症)は自毛植毛で治る?

今や日本男性の多くが悩まされるAGA(男性型脱毛症)ですが、その根本的な治療法として、【自毛植毛】という策が大変高い評価を得ています。その実態とは果たしてどのようなものなのか、細かく見ていきましょう。

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGAは男性型脱毛症の意味を持つ<Androgenetic Alopecia>の略称です。これは日本でも大変多く報告されている脱毛症のケースで、特に30代以降の成人男性によく見られる症状です。

またAGAによる薄毛症状はゆっくりと進行していくのが特徴的ではありますが、毛包部分が頭皮に残っている場合には毛髪が再び伸びる可能性も残っているため、出来る限り早めに治療を行うことが重要と言えます。

AGA治療の種類

AGAの治療で大切なのは、薄毛症状のタイプ、進行状態など、お一人おひとりで異なる現状をしっかり把握した上でその方に合った治療を行うことです。

そのため親和クリニックでは、豊富なAGA治療の選択肢をご用意しております。

医師の診断の元、あなたに合ったAGA治療を進めていきましょう。

自毛植毛がAGA患者様に選ばれる理由とは?

自分の髪の毛を薄毛部分に移植する。一見その行為にどのようなメリットがあるのか、不思議に感じるかもしれませんね。しかしながら、実際のところ自毛植毛は、AGA患者様にとってあらゆるメリットを及ぼします。そこで、AGA治療として自毛植毛が選ばれる理由について、紐解いていきましょう。

薄毛症状の根本的解決としての評価

日本皮膚科学会が作成した薄毛治療ガイドラインにおいても、自毛植毛は内服薬や外服薬の治療に次いで、評価・推奨されています。

もちろんAGAをはじめ薄毛治療には他にも、市販の育毛剤やカツラなどの対処方法がありますが、それぞれ根本的に薄毛症状を改善する効果は薄いとも取れます。

そのため自毛植毛においては、自毛による半永久的な毛の再生という根本的解決が望めるということ、さらにはその安全性と効果にも評価が向けられているのです。

自毛植毛の生着率は90~95%ほど!

AGA治療の一環である植毛には、「人工毛」と「自毛」2つの選択肢が存在します。

とはいえ、実は人工毛の植毛においては、あまり推奨はされていません。なぜなら、人工毛を植え込むことで頭皮が拒絶反応を起こすから。

通常内側から頭髪が作られる頭皮に、人工的な頭髪、つまり「異物」が植えこまれることで拒絶反応が起こりやすいと考えられています。

一方自毛の場合、そもそもが自分自身の髪である上に、薄毛症状が起こりにくい後頭部の自毛を移植するため、頭皮への高い生着率を期待することが出来ます。そのため、一度頭皮に生着すればその後も自身の頭髪として生涯生え続ける、と報告されているのです。また親和クリニックでは、当院が誇る専門チームによる的確な各種手術工程(採取、株の保存、移植ホールの作成、植えつけ)、さらに術後のケアを適切に行うことで、95%という高い生着率を可能としています。

親和クリニックのAGA治療は、自毛植毛を含めたトータルサイエンスヘアケアです

親和クリニックでは、個人それぞれのAGA症状に合わせてた<トータルサイエンスヘアケア>を実施しております。

これはあらゆる角度から科学的根拠に基づいたアプローチを考えることで、最適な治療プランをご提案するための取り組みです。

もちろんその中には、自毛植毛という選択肢もありますが、一慨にそれだけを進めるのではなく、お一人おひとりの症状によって、治療を選択していくものです。

【治療法 一例】

  • 内服薬や外用薬の処方
  • オリジナルの発毛薬を頭皮に浸透させる「ノーニードル発毛メソセラピー」
  • メスを使わない自毛植毛MIRAI法
  • 後頭部を刈り上げずに自毛植毛ができるNC-MIRAI法

など・・・

また実際の治療、処方の他にも、患者様の生活習慣に合わせたアドバイスなどを行い、老若男女問わず最適な総合的治療を目指しております。

▼親和クリニック公式サイト「男性向け発毛・育毛AGA治療」
https://shinwa-clinic.jp/medical/aga/

薄毛の悩みについて、他の質問