親和クリニック 東京・名古屋・大阪・福岡
総院長 音田 正光

プロフィール詳細

薄毛の悩みについて

自毛植毛治療を受けたら、本当に生えるのでしょうか?

いわゆるAGA(男性型脱毛症)は、毛乳頭の中にある酵素(5αリダクターゼⅡ型)が毛細血管から流れてくる男性ホルモン“テストステロン”と結びつくことで、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質が生成され、このDHTという物質が発毛を止めてしまう原因になって発生します。薄毛の男性の90%の方はこのDHTが薄毛の原因といわれています。

自毛植毛の手術は、このDHTの影響を受けない、薄毛になりにくい後頭部の毛髪を採取して、薄くなってしまった頭頂部や前頭部、生え際などに移植します。この後頭部から移植された毛髪はDHTの影響を受けないため、AGA治療などの従来の薄毛の進行を止める治療とは異なり、頭頂部や生え際などに移植しても、脱毛せずに半永久的に生え続けます。

無料カウンセリング
予約

お電話(全国共通)

お電話(全国共通) 0120-8686-71

薄毛の悩みについて、他の質問

NOW LOADING