親和クリニック 東京・名古屋・大阪
総院長 音田 正光

プロフィール詳細

薄毛の悩みについて

自毛植毛にするかHARG療法のどちらが良いのでしょうか?

薄毛治療の中では比較的に歴史の浅いHARG療法。自毛植毛との違いについてご説明します。

自毛植毛について

従来からある自毛植毛治療とはメスを使って皮膚を切ったり縫ったりする外科手術である為、術後の激しい痛みや皮膚のツッパリ感などの問題点がありました。

しかし、最新の自毛植毛治療である「MIRAI法」はメスを使って皮膚を切ることなく、マイクロパンチブレードという細長い金属製の管を使用して最小単位の毛穴を採取・移植するという施術です。

縫合や抜糸の必要がなく、術後の痛みや皮膚のツッパリ感などもほとんどありません。また自身の毛髪を移植するため体内に異物が一切入ることがなく、拒絶反応や長期にわたる後遺症がない事も大きな特徴です。

HARG療法について

HARG療法とは、主に注射器を使って栄養剤や血行促進効果のある薬品等を頭皮に注入し発毛を促すという治療法です。

HARG療法を実施している診療所はたくさんありますが、大事な点はHARG療法の効果は新しく髪の毛が生えてくるというよりも、薬品の効能によって毛髪が多少太くなる程度の効果が期待できるという治療ということです。

従来のHARG療法では頭皮に直接注射で薬剤を注入していましたが、最近ではMEDJETという炭酸ガスの噴射圧力を利用した「ノーニードル(針のない)HARG」といった方法も出てきているようです。

適応について

HARG療法は頭皮に薬剤を注入することで薄毛改善を図る方法ですので、どなたでも比較的気軽に受けられる反面、髪のないところに髪の毛を生やす薬品が現時点で存在していない以上、「発毛効果」にも限界があると思われます。

一方、自毛植毛は男性型脱毛症に罹らない後頭部の毛髪を薄くなった部位に直接移植するため、外科手術であることの多少の負担感はありますが、移植後は髪のない部分からでも太くてしっかりとした髪の毛が確実に生えるという効果が得られます。

手術の負担感も従来のものに比べ、かなり少なくなっているのが「メスを使わない」MIRAI法の特長です。

施術回数について

自毛植毛(MIRAI法)であれば、基本的に1度の日帰り手術で終了します。

HARG療法の施術回数はクリニックにより異なりますが、およそ6回程度の通院が必要といわれています。

HARG療法は多くの国で実施されている比較的お手軽な薄毛治療です。

しかし薄毛が既にかなり進行していて、自分の髪をしっかりと生やしたいというレベルでの改善を求めるのならば、薬物による治療よりも自毛植毛がもっとも早く確実に結果を出すという意味で理想的な治療法と言えます。

HARG療法の様な薬剤による薄毛治療はどうしても長期的なスパンで治療を続ける必要がある為、通い続ける手間やランニングコストがかかる割には、劇的と言える発毛効果は今のところ立証されていません。

対して自毛植毛は、発毛までの時間は半年程度かかりますが、一度の施術で半永久的に自分の髪の毛をしっかりと生やすことができます。

当院独自のMIRAI法は、メスで皮膚を切らず直径0.63mmのマイクロパンチブレードを使用することにより、痛みや傷痕といった患者様への負担が少ないだけでなく、繊細で自然な仕上がりでの発毛が可能です。また手術は日帰りで終わり、縫合や通院の必要がないためダウンタイムが従来の自毛植毛よりもかなり短くなっています。

当院は自毛植毛において累計4000症例以上の経験を持つドクター陣が日々植毛技術の研鑽に努めております。

老若男女問わず、患者様お一人お一人の状態やご希望に合った最適なデザインの薄毛治療が可能です。

自毛植毛の症例写真

無料カウンセリング相談する

薄毛の悩みについて、他の質問

NOW LOADING