MENU
電話
女性の自毛植毛の悩みについて

「びまん性脱毛症」と診断され内服薬で治療していますが、治るのでしょうか?

親和クリニック 大阪院
院長 滝田 賢一

女性の薄毛問題は非常にナイーブで、繊細な問題です。
当院でも来院される患者様からこういったご質問をよく耳にします。

実際に「びまん性脱毛症」には薬や自毛植毛による治療が可能であり、その症例数も多くございます。
それでは、その症状の特徴や原因、治療法について詳しくご紹介いたしましょう。


びまん性脱毛症の症状

この女性に多く見られる「びまん性脱毛症」の、「びまん性」とは「全体的に広がる」と言う意味の医療用語で、たくさんの女性の方が悩まれている薄毛症状の1つとなっております。

そもそも、「びまん性脱毛症」とはどのようなものなのでしょうか?
原因は様々で、日常生活に起因するケースが多いため、現状、症状がない人にとっても可能性が潜んでいます。


初期症状

先に記載の通り、「びまん性」とは医療用語で「全体的に広がる」と言う意味を持ち、その言葉の通り、「びまん性脱毛症」とは、部分的な脱毛症状ではなく、髪の毛全体、広範囲にわたり薄毛となるのが特徴です。

また、AGA(男性型脱毛症)と同様に進行型の脱毛症で、徐々に進行していく傾向があります。
初期症状としては、これらの症状が見られます。

  • 髪の毛の抜ける量が増える
  • 髪のボリュームが減った
  • 地肌が目立つ
  • 髪にコシがなくなった

ただし、「びまん性脱毛症」は少しずつボリュームダウンするので、自分自身でその初期症状に気付かないことも多くあり、気付かないうちに進行してしまった場合は治療にも期間を要する可能性があります。
早めに気付き適切な治療を行うことが重要となってきます。

びまん性脱毛症の原因

「びまん性脱毛症」の原因は、はっきりと特定されていませんが、いくつかの原因が考えられます。
治療においては、いち早く原因を特定することが重要となっており、その後の、治療法にも大きく影響してきます。


加齢によるホルモンの減少

女性ホルモン「エストロゲン」には、「髪を健やかに保つ働き」を含め様々な役割を持っています。
このエストロゲンは、20代後半頃から徐々に減少していく特性を持っています。
そのため、エストロゲンの減少によりヘアサイクルが乱れ、脱毛しやすい頭皮環境になってしまうのです。


食生活

髪を健やかに育てるためには、十分な栄養も必要となります。しかし、偏った食生活や過度な食事制限ダイエットを行うと、体内の栄養が不足し、髪にまで栄養が巡らず、結果抜け毛が増えてしまうのです。


睡眠不足

女性ホルモンは生活習慣の乱れ、特に睡眠不足からバランスを崩します。髪の成長(ヘアサイクル)にはこの女性ホルモンが大きく関わっているため、女性ホルモンが乱れることでも、脱毛につながりやすくなると言うわけです。


誤った頭皮ケア

正しい頭皮ケアを行った場合、頭皮の血行がよくなり、髪に栄養が巡り脱毛予防にも効果的と言えます。しかしその一方で間違った頭皮ケアが原因で脱毛している可能性もあります。
例えば、頭皮に爪を立てゴシゴシと強い力で洗ったり、洗浄力の高すぎるシャンプーを使用したり、更にはシャンプーやリンスがしっかりと落とし切れていない等。良かれと思っている頭皮ケアが、逆に悪影響を与えていることもあるので注意が必要です。


出産

女性は出産を機に、女性ホルモンのバランスが乱れます。
特に髪の生成に関わるエストロゲンは、妊娠期には子宮機能を発達させる役割をするため増加しますが、産後は急激に低下していくと言う特徴があるため、産後に髪が抜けやすくなったりと髪への影響が大きい要因となります。


喫煙

喫煙は身体への影響を懸念されていますが、実はその影響は髪と頭皮の健康にもつながっています。
喫煙による血管収縮の作用により、血流が低下するからです。血流が低下すると言う事は、毛細細胞に送られる栄養も滞ってしまうことになります。


ストレス

ストレスによる女性ホルモンの乱れも、髪に悪影響を及ぼす原因の一つです。
強いストレスは自立神経の乱れにもつながり、全身の筋肉が緊張し、血行不良にもなりかねません。そのため、頭皮血行も悪くなり、髪への栄養が届かなくなると言う影響が起こってしまうのです。

びまん性脱毛症の対策

これらはいずれも日常生活に密接する原因要素です。つまり多くの方が「びまん性脱毛症」を発生する可能性があり、反対に、生活習慣を見直し女性ホルモンバランスの乱れを意識すれば、薄毛症状の改善も期待出来る見込みが高いと考えられます。

びまん性脱毛症の治療方法とは

様々な治療法があり、患者さま一人ひとりに適した治療方法が存在します。


内服薬 パントガール

パントガールとは、女性の薄毛治療用として初めて開発された内服薬です。
主な作用としては、発毛の促進を始め、脱毛を抑制する効果となり、「びまん性脱毛症」に限らず、女性の薄毛の症状全般に効果をもたらす作用を兼ね備えています。

特に発毛効果の面では、細胞代謝を促進する効果があるため、毛細細胞に栄養素が届きやすくなるという優れた効果が期待できます。またパントガールには髪の生成に必要なアミノ酸やタンパク質などの栄養素が含まれており、発毛に必要な栄養素そのものの供給効果を望むことが出来るのです。
また、副作用が少ないのも特徴で、世界的にもその効果と安全性が認められているため、安心してご使用いただけます。


ノーニードルメソセラピー

ノーニードルメソセラピーとはメスや注射針などを使わず、クリニック独自の育毛成分を頭皮に直接注入することにより、発毛を促す治療法となります。
従来の治療法では注射針を使用することで、痛みや腫れと言った懸念事項もありましたが、現在のノーニードルメソセラピーでは、特殊な電圧により一時的に頭皮の細胞間を広げて、発毛に効果的な有効成分を高い浸透力で頭皮深部に注入すると言う方法となっており、痛みや腫れの心配がなく、発毛効果にも有効な手段の一つとなっております。


自毛植毛

自毛植毛とは、自分自身の頭皮から移植毛の株を採取し、薄毛部分に移植する方法となります。移植した髪は、他の髪の毛と同様に半永久的に生え変わり続けるため、薄毛の悩みに対する根本的な解決方法として位置付けられております。
進行している「びまん性脱毛症」の場合であっても、この自毛植毛で改善されている患者さまも多くいらっしゃいます。しかし、自毛植毛は高い技術を必要とする外科手術であるため、効果を実感するためにも、ドクターの高い技術力と実績がある、信頼の出来るクリニックへのご相談をおすすめしております。

まとめ

「びまん性脱毛症」とは、女性に多く見られる脱毛症で、広範囲にわたって薄毛の症状が出てしまうため、早期の治療が必要となります。
女性が活躍する現代社会の中で、どのような状態の患者さまでも、どのような治療法の希望のある患者さまにも、多種多様な治療方法を適切にアドバイス・ご提案出来、アフターフォローも含めトータルに対応出来るクリニックがおすすめとなります。
自毛植毛においては、特に高い技術力と実績のあるクリニック選びが必要となるため、必ずクリニックに足を運んでいただき、ドクター、もしくはカウンセラーに質問や不安点などを納得するまで相談していただくことが望ましいでしょう。

親和クリニックの自毛植毛は、手術後も安心して相談ができます

当、親和クリニックでは熟練のドクター・看護師による、高密度な自毛植毛が可能となっております。
親和クリニック独自の「MIRAI法」により、女性の命である髪の毛を、施術後のヘアスタイルのイメージも含め、髪の流れや仕上がりを意識しながら短時間で移植するため、高い生着率を実現しました。

その他、患者さまの生活スタイル、症状により、投薬治療・ノーニードルメソセラピーなどの、様々な治療方法のご提案が可能となり、施術後には日常生活の改善も含めてトータルサポートを行っております。
薄毛を早期解決するためには、少しでも気になった時点でご相談いただき、治療をスタートさせることが、身体的・精神的にも負担がございません。
まずは、是非、無料メール相談や、無料カウンセリング予約にて、熟練ドクターと、専門カウンセラーによるWカウンセリングをご活用ください。

その他の自毛植毛Q&A

薄毛の悩みについて
自毛植毛の手術について
自毛植毛の手術法について
自毛植毛の術後について
女性の自毛植毛の悩みについて
眉毛の植毛について
薄毛治療の費用について

無料メール相談

診療時間内(10時〜19時)のお問い合わせには2時間以内にご返信いたします。
※診療時間外は翌診療開始時間より2時間以内

お名前
メールアドレス
ご相談するクリニック

ご相談内容

無料カウンセリングでは豊富な症例写真をご紹介しながら、患者さまのお悩みが解決できる最適な薄毛治療についてご提案いたします。
複数のクリニックの意見を聞いてみたいという方やセカンドオピニオンを希望される方もお気軽にご相談ください。