電話

無料メル相談

無料カウンセリング

自毛植毛で移植した髪はAGAの症状で脱毛しないのか?

親和クリニック
総院長 音田 正光

「頭頂部が薄くなってきた…」「生え際が徐々に後退してきている…」
いつの間にか進行していた薄毛・抜け毛・AGAのお悩み。
既に薄毛が進行している部分に自毛植毛しても、結局生えてこなくなってしまうのではとお考えではないですか?
今回は、AGAのメカニズム、またその治療法について解説します。

自毛植毛で移植した髪はAGAでは脱毛しづらい

既にAGA(男性型薄毛症)を発症している状態で、自毛植毛で毛髪を移植しても、同じようにAGAで脱毛してしまうのではと心配される方が多く見受けられます。結論から言えば、自毛植毛によって移植する毛髪は、AGAの影響を受けづらい後頭部・側頭部の毛髪を移植するため、移植した部位でもその性質を引き継ぐため、AGAの症状で抜けていってしまうことはほとんどありません。

AGAのメカニズム

AGAとはAndro Genetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味となります。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことを言い、一般的には遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
ここでは具体的なメカニズムについてお話します。


ヘアサイクルの成長期が短くなる

ヘアサイクル(毛周期)とは、「休止期」「成長期」「退行期」の大きく分けて3つのサイクルがあり、髪の寿命は以下の図にある「成長期」の2~6年を指します。

この「成長期」が短くなることで髪が抜けやすくなり、AGAになるのです。


男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が直接の原因

AGA(男性型脱毛症)の原因は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンです。
このホルモンが血流によって頭皮の毛乳頭細胞に運ばれると、細胞にある還元酵素「5aリダクターゼ2型」と結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

毛乳頭細胞には男性ホルモンレセプターと呼ばれる受容体があり、この受容体とジヒドロテストステロンが結合することで、AGAが発症します。
5aリダクターゼ2型や男性ホルモンレセプターは、額の生え際・頭頂部の毛乳頭細胞に多く存在しており、後頭部や側頭部にはあまり見られません。そのため、後頭部や側頭部においてはAGAを発症しても影響をあまり受けず、髪の毛が残ることが多いです。

AGAに効果のある治療法は?

AGAに効果のある治療法に関しては、患者さま一人ひとりの症状や頭皮の状態により異なってきますが、大きく分けて内服薬や外用薬の処方、植毛手術となります。
こちらでは、具体的にどういった内容の治療方法があるかをご紹介いたします。


内服薬・外用薬

内服薬ではフィナステリド・ミノキシジル・デュタステリドを配合したものが有効となっており、いずれもAGAの原因となる5aリダクターゼの働きを抑制する効果があるため、AGAの進行を抑制することが可能です。

また外用薬のミノキシジルは、発毛効果があると科学的に実証されており、20.000人以上の治験が実施され安全性も認められています。髪を生み出す組織(毛乳頭・毛包)が残っている部分の発毛・育毛の効果、AGAの進行を抑制する効果が期待できます。

ただし、内服薬・外用薬の効果を実際に感じるまでには、最低でも3ヶ月間の服用が必要と言われています。


育毛メソセラピー・HARG療法

育毛メソセラピー・HARG療法は、育毛・発毛に効果を発揮する成分を頭皮に直接注入・導入し、活性を失った細胞に刺激を与え発毛を促す治療方法です。クリニックによって注入する成分内容や導入する方法は異なっており、実際の効果も様々です。

個人差はありますが、髪を生み出す組織(毛乳頭・毛包)が残っている部分に効果が望め、3~4ヶ月治療を続けることによって効果を感じられます。


自毛植毛

自毛植毛とは、AGAの影響を受けにくい後頭部・側頭部に生えている自分自身の髪を、薄毛の部分に移植する治療方法です。元々髪が生えていない部分にも発毛させることが可能で、しっかりと生着すれば普通の髪のように生え続けるので、メンテナンスが不要です。ただし、実際に発毛効果を感じ、髪が生え揃うのは、個人差もありますが手術後1年程となります。


人工毛植毛

人工毛植毛は、合成繊維で作られた人工毛を使用して植毛する方法です。この場合、髪が全く残っておらず、移植する髪がない場合においても施術が可能なため、すぐに思い通りの髪型や髪の量を実現できます。ただし、その状態を維持するためには、定期的なメンテナンスが必要となり、ランニングコストが発生するデメリットも存在します。また、合成繊維で作成された人工毛を移植するため、人工毛が身体に合わず拒絶反応や感染症のリスクを伴うこともあります。

AGAを根本的に克服するには自毛植毛がおすすめ

AGAは進行性の脱毛症となり、既に髪が生えてこなくなった部分においては、残念なことに薬での発毛効果は見込むことが出来ません。また、自毛植毛以外の治療方法で効果を維持するには継続した治療が必要なため、かかる費用も大きくなってしまいます。

そのため、薄毛の悩みから根本的に脱却したいのであれば、自分自身の毛を移植する自毛植毛が最善策だと言えるでしょう。

親和クリニックの薄毛治療の特長

親和クリニックでは、多くの実績を持つドクター・看護師による高密度自毛植毛がメインの薄毛治療です。本来難しいとされている頭頂部やつむじ・生え際も、自然な仕上がりを実現いたします。

その他にも、各種内服・外用薬から、痛みのない「ノーニードル発毛メソセラピー」まで、幅広く選択肢をご用意しております。

患者さま一人ひとりの症状によって、治療方法は様々なご提案が可能となっておりますので、まずはお気軽に、ドクター・専門カウンセラーによるWカウンセリングにて、頭皮の状態やご希望の仕上がりを確認し、それを基に最適な治療プログラムの提案、アドバイスを行います。

AGA治療は幅広い治療の選択肢があるクリニックへ

前述の通り、AGA治療には様々な治療方法が存在します。また、どの治療方法が最適なのかは患者さまの望む効果によっても異なります。
その豊富な治療の選択肢の中で、どの方法が最適なのかを判断でき、実施可能な技術力のあるドクターが在籍するクリニックに相談に行くことが、薄毛治療の第一歩となります。

自毛植毛とは

薄毛の悩みを根本的に解決し、自分自身の髪の毛を蘇らせる方法です。
ご自身の毛を移植するので自然な仕上がりが一生涯に渡り続きます。

POINT

  1. 拒否反応がないため身体的リスクが低い
  2. AGAの影響を受けない毛髪を移植
  3. 植毛部分は一生涯に渡り生え変わり続ける
  4. 女性のストレス・ホルモンバランスにも効果的
自毛植毛とは

当院の自毛植毛

2つの独自施術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」。医師が1株1株丁寧に毛髪を採取していきます。

MIRAI法とは?

メスを使わず皮膚を切らないので、痛みが少なく1度に大量の移植が可能。短時間で日帰り手術が可能になります。

NC-MIRAI法とは?

髪を刈り上げずに行う施術法です。バレにくいのが特徴で、術後すぐに職場や日常生活に復帰することが可能です。

当院の自毛植毛

その他の自毛植毛Q&A

薄毛の悩みについて
自毛植毛の手術について
自毛植毛の手術法について
自毛植毛の術後について
女性の自毛植毛の悩みについて
眉毛の植毛について
薄毛治療の費用について

無料メール相談

診療時間内(10時〜19時)のお問い合わせには2時間以内にご返信いたします。
※診療時間外は翌診療開始時間より2時間以内

お名前
メールアドレス
ご相談するクリニック

ご相談内容

無料カウンセリングでは豊富な症例写真をご紹介しながら、患者さまのお悩みが解決できる最適な薄毛治療についてご提案いたします。
複数のクリニックの意見を聞いてみたいという方やセカンドオピニオンを希望される方もお気軽にご相談ください。