電話

自毛植毛が受けられない人はいますか?

親和クリニック
総院長 音田 正光

自毛植毛は誰でも必ず適用できる手術というわけではありません。
適用が可能かどうかは、ご本人様の体調やクリニックの設備、医師の腕などにも左右されますので、一度クリニックで相談してみると良いかと思いますが、自毛植毛を受けられない方については、大きく分けていえば頭髪の状態が自毛植毛に適していないタイプの方と、持病などによって治療を受ける事が出来ないタイプの方で分ける事が出来ます。

自毛植毛に適さない頭髪の状態

まず、最も簡単な例としてはそもそもドナーとなる頭髪が無い方です。
自毛植毛は薄毛でも髪が残っている事が多い後頭部からドナーを採取し、薄毛部分に移植しますが、そもそもドナー部分にも髪が残っていない場合は移植を行う事が出来ません。そのため、自毛植毛を検討する場合は出来る限り早いタイミングで開始して頂き、十分にドナーを採取できる時の治療をおすすめします。

また薄毛の種類についても注意が必要で、髪が抜けて密度が薄くなっているタイプの方は自毛植毛による改善が可能なのですが、髪の密度はあるものの細くなってしまう事が原因で薄毛に見えるタイプの方は、髪が本来の太さ、ハリを取り戻すような治療方法も併せておすすめします。

持病などにより受けられない場合

自毛植毛が受けられなくなる代表的な持病に、糖尿病があります。
糖尿病の方の場合は傷の回復が遅くなってしまうため、治療後の傷口が化膿してしまう危険性などがあるためで、そもそも糖尿病の方の場合は手術という行為へのリスクが高まってしまいます。
ただ、これは旧来のドナー採取による治療法の場合で、当院のMIRAI(ミライ)法では傷口も小さく、負担が少ないため自毛植毛の適用が可能となる場合が多くありますので、一度ご相談下さい。
また、皮膚疾患をお持ちの方や、怪我や事故による瘢痕をお持ちの方への移植につきましても、傷や状況の程度によって移植適応時期もございます。

その他にも、手術後の初期脱毛などによるストレスが過剰になり悪影響となりやすい事から、精神疾患を持っているような方も自毛植毛はあまりお勧めしていません。

以上が、自毛植毛を受けられない方に関しての簡単な説明となりますが、頭髪の状態や健康面などから、どのような方法での治療が最適かについて詳しくお話させて頂きますので、まずは一度ご相談下さい。

自毛植毛とは

薄毛の悩みを根本的に解決し、自分自身の髪の毛を蘇らせる方法です。
ご自身の毛を移植するので自然な仕上がりが一生涯に渡り続きます。

POINT

  1. 拒否反応がないため身体的リスクが低い
  2. AGAの影響を受けない毛髪を移植
  3. 植毛部分は一生涯に渡り生え変わり続ける
  4. 女性のストレス・ホルモンバランスにも効果的
自毛植毛とは

当院の自毛植毛

2つの独自施術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」。医師が1株1株丁寧に毛髪を採取していきます。

MIRAI法とは?

メスを使わず皮膚を切らないので、痛みが少なく1度に大量の移植が可能。短時間で日帰り手術が可能になります。

NC-MIRAI法とは?

髪を刈り上げずに行う施術法です。バレにくいのが特徴で、術後すぐに職場や日常生活に復帰することが可能です。

当院の自毛植毛

その他の自毛植毛Q&A

薄毛の悩みについて
自毛植毛の手術について
自毛植毛の手術法について
自毛植毛の術後について
女性の自毛植毛の悩みについて
眉毛の植毛について
薄毛治療の費用について

薄毛治療・自毛植毛専門 親和クリニック 公式サイト



無料メール相談

診療時間内(10時〜19時)のお問い合わせには2時間以内にご返信いたします。
※診療時間外は翌診療開始時間より2時間以内

お名前
メールアドレス
ご相談するクリニック

ご相談内容

無料カウンセリングでは豊富な症例写真をご紹介しながら、患者さまのお悩みが解決できる最適な薄毛治療についてご提案いたします。
複数のクリニックの意見を聞いてみたいという方やセカンドオピニオンを希望される方もお気軽にご相談ください。