電話

薄毛治療の内服薬は自毛植毛後も服用が必要?

親和クリニック
総院長 音田 正光

AGA(男性型脱毛症)による薄毛の治療には、プロペシアなどの内服薬、女性の薄毛治療にはパントガールなどの内服薬が用いられていますが、これらの薬を自毛植毛後に服用し続けるべきかどうかについては、出来る限りの内服をお勧めしています。

なぜ植毛後も内服を続ける必要があるのですか?

AGAは、男性ホルモン(テストステロン)に5αリダクターゼという酵素が反応する事により、ジヒドロテストステロンという物質が作り出され、これが髪の毛の正常な成長サイクルを阻害して抜け毛や脱毛を起こします。プロペシアなど主成分にフィナステリドを主に用いた薬は、5αリダクターゼが男性ホルモンに反応するのを阻害する薬の為、AGAの症状が強く髪が抜け落ちてしまいやすい場合には服用の継続をおすすめしています。

また、女性向け薄毛治療薬のパントガールについてはプロペシアと異なり、細胞代謝を活性化することで、育毛・発毛に必要なアミノ酸やたんぱく質、ビタミンB群等の栄養成分を毛髪に供給し、脱毛を改善して発毛効果を得る薬品です。 全体としての栄養状態の改善をすることは、植毛後にも重要な事です。

植毛の結果をより良くするために

自毛植毛した毛は、元々生えていた場所の性質を受け継ぎその場所に定着して生え続けますが、植毛する以前のAGAの進行具合や栄養状態の不良を改善せずにしていると、植毛を行った以外の周りの毛は薄毛や脱毛が進行してしまう為、本末転倒になってしまいます。

自毛植毛自体は基本的に内服薬を使用する必要が無い増毛方法ですが、植毛の結果をより良いものにするためにも、また周りの毛をより長く維持継続させるためにも、内服薬を併用して利用される事をお勧めしています。
まずは一度お気軽にご相談下さい。

自毛植毛とは

薄毛の悩みを根本的に解決し、自分自身の髪の毛を蘇らせる方法です。
ご自身の毛を移植するので自然な仕上がりが一生涯に渡り続きます。

POINT

  1. 拒否反応がないため身体的リスクが低い
  2. AGAの影響を受けない毛髪を移植
  3. 植毛部分は一生涯に渡り生え変わり続ける
  4. 女性のストレス・ホルモンバランスにも効果的
自毛植毛とは

当院の自毛植毛

2つの独自施術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」。医師が1株1株丁寧に毛髪を採取していきます。

MIRAI法とは?

メスを使わず皮膚を切らないので、痛みが少なく1度に大量の移植が可能。短時間で日帰り手術が可能になります。

NC-MIRAI法とは?

髪を刈り上げずに行う施術法です。バレにくいのが特徴で、術後すぐに職場や日常生活に復帰することが可能です。

当院の自毛植毛

その他の自毛植毛Q&A

薄毛の悩みについて
自毛植毛の手術について
自毛植毛の手術法について
自毛植毛の術後について
女性の自毛植毛の悩みについて
眉毛の植毛について
薄毛治療の費用について

薄毛治療・自毛植毛専門 親和クリニック 公式サイト



無料メール相談

診療時間内(10時〜19時)のお問い合わせには2時間以内にご返信いたします。
※診療時間外は翌診療開始時間より2時間以内

お名前
メールアドレス
ご相談するクリニック

ご相談内容

無料カウンセリングでは豊富な症例写真をご紹介しながら、患者さまのお悩みが解決できる最適な薄毛治療についてご提案いたします。
複数のクリニックの意見を聞いてみたいという方やセカンドオピニオンを希望される方もお気軽にご相談ください。