電話する

 無料メール
相談

 無料カウンセリング予約

自毛植毛のメリット

自毛植毛に懸ける想い

状態がキープでき、拒否反応がない。
優れた自毛植毛を広く伝えていきたい。

最新薄毛治療「自毛植毛」日本皮膚科学会も推奨

自毛植毛とは、ご自身の後頭部などから毛根を移植する医療行為です。活発な毛包組織(グラフト)そのものを移植するので、植毛が完了した後は通常の髪と同様に生え変わり続けます。
また、ご自身の細胞を移植する自毛植毛は、人工毛と違って拒絶反応の心配もありません。
日本の自毛植毛技術の発展は、1939年に火傷による脱毛部分へ皮膚移植を行ったところから始まり、その後多くの医師が研究を重ね、現在の安全で効果的な自毛植毛となりました。
今では日本皮膚科学会も薄毛治療として自毛植毛を推奨しており、その効果と有用性を医学的に認めています。

自毛植毛が選ばれている理由

先進国でメジャーに
なった自毛植毛が、
日本で普及し始めたのは根拠が明確だからです。

1.生涯メンテナンス不要
2.自分の毛髪だから拒否反応なし
3.95%以上の生着率で確実に生える
4.メスを使わない安心の施術が可能
5.違和感のない自然な発毛

[ 未来 ] 自毛植毛のあるべき姿とは?

自毛植毛は将来なくなる治療法であるべきだと
考えている。
再生医療にはかならず
その答えがある。

自毛植毛は自分の毛髪を使用し、足りない毛髪を補う再生医療。
足りないところを補うのではなく、必要な場所に必要なだけ毛髪が生やせる時代はそう遠くないところまで来ている。
個人が望む毛髪のあり方は、個人が決める。
そんな時代に向けて日本から世界へサイエンスを発信していきたいのです。

東海大学名誉教授(元東海大学医学部付属病院長)谷野隆三郎教授
福岡大学医学部皮膚科総合医学センター 中山樹一郎教授
Mitsuru Emi MD,PhD Professor,University of Hawai'i Cancer Centerハワイ大学がんセンター 江見充教授
銀座みゆき通り美容外科院長 元日本美容外科学会会長 水谷和則先生
医療法人社団 三幸会 渋谷 新宿 池袋 銀座 梅田 フェミークリニック 総院長 北山英美子先生
大学教授有識者からのコメント(公式サイトへリンク)