電話

植毛手術は1日で済むのでしょうか?

親和クリニック
総院長 音田 正光

「手術」と聞くと、「入院」や「長時間手術」などが連想されますが、自毛植毛の場合は異なります。まず、自毛植毛手術は1回の手術で終わることがほとんどです。手術の時間は数時間と短く、入院は不要で日帰りが可能です。また術式によって通院は数回もしくは不要なこともあります。
ただし、1回の手術で植毛できる株数は医師やクリニックのレベルに準じているため、最初の医師やクリニック選びの際には注意が必要です。

自毛植毛の手術のほとんどは1回で完了。入院の必要もありません

自毛植毛手術のほとんどは術式問わず、ほとんどが1度の手術で完了します。日帰り手術も可能です。

自毛植毛手術は大きく分けて下記の方法があります。


FUT法

メスで後頭部の頭皮を切り取り移植する方法。毛髪を皮膚ごと切り取るため、毛根自体の切断率が低く、定着しやすいドラフトを採取できると言われている。しかし、皮膚に縫い目が傷跡として残るため、術後の定期的なメンテナンスが必要。


FUE法

パンチブレードで株を採取し、移植する方法。メスを使わず、極小の穴を開けてそこに採取した毛髪を移植していく。傷ができにくく、毛根の生着率も高い。また術後のメンテナンスが不要で、社会復帰も早い。


MIRAI法

MIRAI法は、頭皮を切らない自毛植毛「FUE法」を、独自の研究開発によりさらに進化させた親和クリニックオリジナルの自毛植毛です。


NC-MIRAI法

NC-MIRAI(ナチュラルカバーリング-ミライ)法は、親和クリニックオリジナルの自毛植毛「MIRAI法」をさらに改良した方法です。


手術時間は1回あたり3~6時間

1,000~1,500グラフト程度の施術は約3~6時間かかるとされています。
麻酔が効きにくかったり、長時間同じ態勢でいることが苦しく感じてしまう方もおられるため、手術時間は人によって異なります。細かく休憩を取って体調を考慮しながら施術を行うことが可能ですので、初めての施術で不安を感じてしまう方でもご安心ください。
株の採取速度はMIRAI法で毎時1,500~2,000株、NC-MIRAI法で毎時600~1,000株が平均で、日帰りでの施術が可能です。自毛植毛手術の場合、グラフトの採取から移植までの時間は短ければ短いほど良いとされているので、手術時間が短い方が生着率は高くなります。


大量植毛だと、1回の手術で終わらないことも

2,000~3,000グラフト程度の施術は約6~8時間かかるとされています。
施術が丸1日かかる場合、グラフト採取後に軽食を挟んでリラックスしながら休憩時間を過ごし、そのあと施術を再開するという方もいらっしゃいます。
大量に植毛する場合、回数を分けて手術することもあります。一般的なクリニックの場合、1度の移植株数は1,600株程度ですが、大量植毛の場合は平均して約4,000~5,000株の移植になります。1度で完了しない場合は、回数を分ける必要があります。


術後の通院は必要ですか?

こちらも術式によって若干の違いがあります。FUT法の場合、縫合の跡が目立つため、手術の1~2週間後に来院し、抜糸する必要があります。
FUE法・MIRAI法・NC-MIRAI法の場合は、手術の際にメスを使うことがないため通院の必要がありません。特にMIRAI法・NC-MIRAI法はドナーの採取時と移植時どちらも極細の筒状パンチブレードを使用するので手術の傷が小さく済みます。そのため傷跡として残りにくく、尚且つ回復が早いという特徴があります。

手術後5日~1週間程度でドナー採取時のかさぶたができはじめ、10日~2週間ほど経つ頃に、かさぶたが取れて頭皮が落ち着いてきます。自然治癒による回復を待つため、術後に通院していただく必要がありません。手術翌日には経過観察と消毒、洗髪のアフターフォローをいたしますので、術後すぐの過ごし方が不安な方はぜひご利用ください。

1回の手術で満足したいあなたへ

1回の手術で大量植毛したい

1回の手術で大量に植毛する場合、手術時間が長くなる傾向にあります。
ですが自毛植毛の場合、採取したグラフトを新鮮なまま移植する必要があるため、長時間の手術は生着率の低下を招きます。


手術は短時間で終わらせたい

グラフトの生着率のために、植毛手術は短時間で完了することが大切です。しかし、植毛時間が短いということは移植株数が少なくなるということ。大量の植毛はできないため、手術の回数を何回かに分ける必要があります。もしくは、短時間での大量植毛を果たすため、技術力のあるドクターやシステムが備わっているクリニック選びが重要です。


通院の手間をなくしたい

FUT法の場合は、切り取った皮膚を縫合しているため、抜糸のための通院が必要になります。通院の手間をなくしたい場合は、FUE法・MIRAI法・NC-MIRAI法をおすすめします。

1回の手術で大量植毛を実現した「MIRAI法」

親和クリニックが研究を重ね生み出した自毛植毛「MIRAI法」は、まさに上記の希望をすべて叶える植毛治療法となります。


スーパーメガセッションによる短時間の大量植毛

MIRAI法の場合、他の植毛方法との最も大きな違いは1回の移植株数です。MIRAI法の場合、約10,000本(約4,000グラフト)に対して、従来のFUE法では約8,000本(約3,000グラフト)と、かなりの差があります。
その大量の植毛を可能にしたのが、ドクター、看護師によるスーパーメガセッションです。チームで治療を行うことで、短時間での密度の濃い、大量植毛を行うことが可能となっています。


術後の通院が不要

親和クリニックのMIRAI法なら、術後の通院は不要です。また回復が早く、社会復帰も楽にできると評判です。FUE法のように肌を傷つけることがないため、定期的なメンテナンスを受けることもなく負担は最小限。希望者には、術後翌日に専門スタッフによる洗髪サービスを行うなどアフターケアを完備しているので、術後も安心してお任せください。


他の植毛方法との違い

FUE法はFUSS法や人工毛植毛に比べ、痛みが少ないとされています。FUSS法や人工毛植毛の場合、術後の麻酔が切れた後に痛みを強く感じることがあります。また、メスを使った手術である以上、回復には多少の時間が必要です。メスによる切開がないMIRAI法ならば、体への負担も少なく、術後の早い回復が望めます。


手術の流れ

1. 手術の説明

手術当日は、医師と共に手術前の最終確認、決定を行います。頭髪や頭皮の状態などを含めた身体の健康状態も診察します。
最終の確認項目は以下となります。この段階で不安や疑問に思うこと、ご希望があればご相談ください。

  • 手術方法について
  • 植毛するグラフトの数
  • ヘアデザインについて

2.お会計

手術の説明を受け、最終確認が終了しましたら、お会計となります。
お支払いには現金払いの他、各種クレジットカード、メディカルローンをご用意しております。


3.術前処置

お会計が終了したら、施術の準備を行います。まずは施術着に着替えていただきます。
その後、ドナーを採取する頭皮のチェックと、マーキングで移植範囲の確認を行います。そして、グラフトを採取するための刈り上げを行います。(NC-MIRAI法は刈り上げる必要はありません)


4.手術

手術は熟練の医師、看護師が一丸となり、チームで行います。手術は大きく分けて「グラフト採取」「移植ホール作成」「グラフト移植」の工程で行われます。

1 グラフト採取

刈り上げた部分にまずは局所麻酔を行います。人によっては、麻酔時に気分を落ち着かせるために鎮静剤を使用することもあります。その後、患者さまの毛髪から健康なグラフトを採取します。頭皮が硬い人、毛が柔らかい人、癖っ毛の人など様々なため、人力で極細のパンチブレードを使い、限りなく損傷を抑え少しずつ採取していきます。

生着率を上げるために重要なグラフトの保存液は長年の研究と実践の結果から、適切な温度管理の下、株の生命維持に最適なものを使用しています。


2 移植ホール作成

移植ホール作成のため局所麻酔を行います。グラフト採取時と同様に、患者さまの体調に合わせて処置を行います。麻酔がしっかりと効いた後に、採取したグラフトを移植していくホールを作成します。親和クリニックの場合、独自に開発したパンチブレードを使用し0.63-0.65mmの世界最小のホールを作成します。パンチブレードで作成した穴は出血していますが、出血している状態は生着に大変適した環境なので問題ございません。

施術中に麻酔の効き目が弱くなった時は、麻酔を増やして様子を見ながら施術を継続いたします。痛み止めの内服薬も常備されているのでご安心ください。鎮静剤の影響によって気分が不快になったり、長時間同じ態勢でいることが苦しいという患者さまは、体調が優れるまで細かい休憩を挟みながら、施術を継続いたします。


3 グラフト移植

パンチブレードで作成した0.63-0.65mmの移植ホールに、採取したグラフトを移植していきます。ホールに無理やり植え付けるのではなく、非接触性の空気圧インプランターで、スポッ、スポッと植え付けていくイメージです。


4 術後処置

施術後は、グラフト採取時に刈り上げた後頭部をカバーするための、ヘアシートを装着します。
(※NC-MIRAI法の場合は髪の刈り上げがないため、ヘアシートは不要です)

また、移植した部分をガーゼで保護、しっかり包帯で巻いて固定します。帰宅時はクリニックに用意してあるニット帽子をかぶって帰宅すれば、包帯も気になりません。ガーゼと包帯は、手術翌日の入浴後から外すことできます。


5 アフターケア

手術翌日に来院していただき、専門スタッフが洗髪を行います。術後に自分で洗髪することに不安を感じる方も多いからです。クリニックで丁寧に洗髪することで、移植部分にかさぶたができにくく、感染症の予防や違和感を緩和する効果もあります。ニキビ発症などの頭皮トラブルがある場合は処方薬を使用し、適切な方法で洗髪を行います。


手術当日の注意点

手術当日は、移植した部位やクラフトを採取した部位などはとてもデリケートになっています。強い力で圧迫したり、爪でひっかけたりしないようご注意ください。また、雑菌の増殖により頭皮環境が悪化する恐れがあるため、手術後の洗髪は可能ですが、慎重に行いましょう。ほどよい力で、かつ清潔を保つよう洗髪してください。

ほかにも、生活習慣への注意が必要です。
頭皮に刺激を与えないこともそうですが、過度な運動や飲酒などの血行を促進させる行動、喫煙などの血流を阻害する行動はなるべく避けましょう。いずれもグラフトの高い生着率を維持するために重要です。直射日光もダメージになりかねないので、極力避けるようにしてください。

いずれも患者さまの生活スタイルによって実行することが難しい場合があります。その際は、患者さまに合った術後の過ごし方をご提案、アドバイスいたします。

MIRAI法の詳細はこちら

自毛植毛手術が受けられない人はいますか?

自毛植毛は誰でも必ず適用できる手術というわけではありません。
自毛植毛を受けられない方については、大きく分けていえば頭髪の状態が自毛植毛に適していないタイプの方と、持病などによって治療を受ける事が出来ないタイプの方で分ける事が出来ます。


自毛植毛に適さない頭髪の状態

まず、最も簡単な例としてはそもそもドナーとなる頭髪が無い方です。
自毛植毛は薄毛でも髪が残っている事が多い後頭部からドナーを採取し、薄毛部分に移植しますが、そもそもドナー部分にも髪が残っていない場合は移植を行う事が出来ません。
そのため、自毛植毛を検討する場合は出来る限り早いタイミングで開始して頂き、十分にドナーを採取できる時の治療をおすすめします。

また薄毛の種類についても注意が必要で、髪が抜けて密度が薄くなっているタイプの方は自毛植毛による改善が可能なのですが、髪の密度はあるものの細くなってしまう事が原因で薄毛に見えるタイプの方は、髪が本来の太さ、ハリを取り戻すような治療方法も併せておすすめします。


持病などにより受けられない場合

自毛植毛が受けられなくなる代表的な持病に、糖尿病があります。
糖尿病の方の場合は傷の回復が遅くなってしまうため、治療後の傷口が化膿してしまう危険性などがあるためで、そもそも糖尿病の方の場合は手術という行為へのリスクが高まってしまいます。
ただ、これは旧来のドナー採取による治療法の場合で、当院のMIRAI(ミライ)法では傷口も小さく、負担が少ないため自毛植毛の適用が可能となる場合が多くありますので、一度ご相談下さい。
また、皮膚疾患をお持ちの方や、怪我や事故による瘢痕をお持ちの方への移植につきましても、傷や状況の程度によって移植適応時期もございます。

その他にも、手術後の初期脱毛などによるストレスが過剰になり悪影響となりやすい事から、精神疾患を持っているような方も自毛植毛はあまりお勧めしていません。

以上が、自毛植毛を受けられない方に関しての簡単な説明となりますが、頭髪の状態や健康面などから、どのような方法での治療が最適かについて詳しくお話させて頂きますので、まずは一度ご相談下さい。

手術に関するよくある質問

Q. カウンセリング当日に手術を行うことは可能でしょうか?

A. 自毛植毛手術は外科的手術となるため、事前に採血が必要となります。
採血の結果は翌日以降に発行されますので、カウンセリングにご来院頂いた際に採血をして頂き、最短で2日目以降のご案内となります。


Q. 手術のために髪型を変える必要がありますか?

A. 髪型を変えていただく必要はありません。NC-MIRAI法の場合なら、後頭部の毛髪の長さを、理想は6cm以上、最低4cm以上残していただければ、手術後の傷跡が隠れて目立ちません。
手術の前日は洗髪して頭皮を清潔に保ち、当日は整髪料などはつけずにご来院ください。


Q. 手術前に使用を中止したほうが良い薬はありますか?

A. 植毛手術前には、下記のような薬は使用を中止して頂くようお願いしております。
・ミノキシジル内服
・その他血液をサラサラにする薬(バイアスピリン、ワーファリン等)
フィナステリド、デュタステリド等のAGA治療薬や、ビタミン・ミネラルなどのサプリメントは術前術後問わず服用を続けて問題ありません。
また、外用の育毛剤は手術前日まで使用可能で、術後は1~2週間あけて様子を見ながら再開してください。


Q. 手術当日、車を運転して帰宅できますか?

A. 手術当日は麻酔等の影響で運転はできません。
必ず公共の交通機関を使うか、他の人に運転してもらってお越しください。駅までの移動も車の運転は避けていただきますようお願いいたします。
翌朝には麻酔の影響は無くなっていますので、手術後、近隣のホテルに宿泊していただければ、お車での来院でも手術が可能になります。


Q. 麻酔アレルギーの方はどのような手術を行うのでしょうか。手術は可能でしょうか。

A. 麻酔アレルギーのある方は、ドクターの判断によっては手術へとご案内出来兼ねる可能性がございます。必ず診察を受けて頂く必要がございますので、お問い合せ頂く際に事前に申告されて下さい。


Q. 増毛をしたまま手術は可能ですか?

A. 可能ですが、手術中に結着増毛が取れてしまう可能性があります。ご了承ください。

自毛植毛は、手術後も安心して相談できるクリニックへ

自毛植毛においては、手術後すぐには効果を実感しにくく、更には日常生活への復帰においてもご不安な点が多々あるかと思われます。そのため信頼のできる、安心して相談できるクリニックを選ぶことが非常に重要な点と考えております。

親和クリニックでは、手術前に患者さま一人ひとりの頭皮の状態や、職種、ご予定を加味した上で、アドバイスをして、治療スケジュールのご提案を行っております。薄毛について少しでもご不安に思うことがあれば、お気軽に無料メール相談・無料カウンセリング予約をご活用ください

親和クリニックに相談する

薄毛・髪のお悩みは親和クリニックにお任せください

その他の自毛植毛Q&A

薄毛/AGAの原因、悩みについて
自毛植毛治療手術の不安、疑問について
自毛植毛の効果について
女性の自毛植毛について
自毛植毛治療の不安、疑問について
自毛植毛の費用についての質問一覧

薄毛治療・自毛植毛専門 親和クリニック 公式サイト

無料メール相談

診療時間内(10時〜19時)のお問い合わせには2時間以内、診療時間外は翌診療開始時間より2時間以内にご返信いたします。

お名前
メールアドレス
ご相談するクリニック
ご相談内容

無料カウンセリングでは豊富な症例写真をご紹介しながら、患者さまのお悩みが解決できる最適な薄毛治療についてご提案いたします。
複数のクリニックの意見を聞いてみたいという方やセカンドオピニオンを希望される方もお気軽にご相談ください。