電話

AGA治療の支払いに健康保険は使えますか?

親和クリニック 名古屋院
院長 福島 俊彦

薄毛の代表的な症状として日本人の成人男性3人に1人が発症していると言われている「AGA」。
厚生労働省によって病気とは認定されているものの医療保険が適用となる疾患とは認められていないため、治療費は全額自己負担となります。
いざ治療を始めるときに慌てずに済むよう、事前にどのくらいの費用がかかるかを把握しておくと良いでしょう。
ここでは、AGAの治療費の目安と費用を抑えるポイントについて解説します。

AGA治療は保険適用されるのか?

AGA治療は保険適用外が一般的です。

AGA治療に自毛植毛が選択されにくい要因として、費用面の不安が挙げられるのではないでしょうか。
通常、病気やケガで入院や通院、手術などをした場合は、健康保険が適用され、医療費の本人負担は一部で済むシステムになっています。
なぜAGAは保険適用外なのか、そもそもAGAとはどのような病気なのかを理解しておきましょう。


AGA(男性型脱毛症)とは

AGAは主に思春期以降の男性が発症する進行型の脱毛症です。
中年の男性に多いイメージがあるかもしれませんが、20代など若いうちから薄毛になる可能性もあります。

AGAの発症の元凶となるのが、悪玉男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」です。
男性ホルモンの1種である「テストステロン」が、還元酵素「5αリダクターゼ」と結合すると、DHTに変換されます。
DHTは毛髪の成長に関わる毛乳頭に作用し、ヘアサイクルを乱します。
その結果、成長期の毛髪が退行期・休止期へと誘導されて休止期が長くなり、抜け落ちたまま新しい毛が生えてこなくなる現象が起こるのです。


AGA治療に保険は適用されない

基本的に医療保険が適用されるのは、その治療をしないと生活に支障が出る場合や、生命に関わる場合のみです。
たとえば見た目を美しくすることが目的の美容整形は、保険が適用されません。
AGAの治療は、美容整形と同じく、厚生労働省が定めた医療保険の分類に該当しないため、保険治療の対象外です。
自由診療扱いとなり、治療費は全額自己負担となります。

ただし、医師の診断を受けて治療を行ったケースや、AGAではないほかの病気が原因で薄毛になったケースなど、一定の条件に当てはまる場合は医療費控除の対象となる可能性があります
医療費控除の対象となると、支払った金額に応じて税金が一部還付されます。
心当たりのある人は税務署に問い合わせてみてください。

AGA治療の費用を抑えるには?

AGA治療には保険は適用されませんが、工夫次第で費用を抑えることができます。
治療費がネックになっているのであれば、以下のポイントを見直してみましょう。


医療費控除を利用する

AGAは病気と定められてますが、植毛手術は原則として医療費控除の対象とは認められてません。

医療費控除の申請をするには、確定申告をする際に治療にかかった費用を報告する必要があります。
控除の対象となるかどうかわからなくても、念のため受診したときの領収書を保管しておきましょう。
なお、通院のための交通費も控除の対象となるので、金額がわかるような書類を用意しておいてください。


メディカルローンを利用する

AGA治療は自由診療となるため、治療費が高額になる場合もございます。
支払金額が大きく、一度に治療費を払えない場合は、メディカルローンを利用すれば分割で支払うことができます。
メディカルローンとは、医療費の支払いのみで使用できるローンのことです。
親和クリニックでは、利率の低いメディカルローンをご用意しています。

治療費100万円の場合

1,000,000円(治療費) + 消費税 = 1,100,000(税込)
頭金 100,000円
(現金またはクレジットカード)
1,000,000円
(メディカルローン60回)
初回 24,200円
月々 20,200円

治療費は個人によって差が出ますので、ご自身に合ったプランのメディカルローンを選ぶと良いでしょう。

費用の詳細はこちら

モニター制度を利用する

クリニックのモニターになると、テレビなどのメディア、ホームページ、院内資料などで症例を活用させていただく代わりにプランに応じて治療費の割引が受けられます。
親和クリニックでは、新宿院・名古屋院・大阪院・福岡院の全院で随時モニターを募集しています。

当院のモニター適用の場合。通常の施術費用から10~50%オフになります。気になる方は是非お問い合わせください。

費用の詳細はこちら

AGA治療は保険の適用外だが工夫次第で費用は抑えられる

AGAの治療は保険の適用外です。そのため、治療費の全額を自己負担しなければなりません。
AGA治療は自由診療なので治療費が高額になってしまいがちですが、治療方法によっては費用を抑えることができます。
1回あたりの出費をできるだけ抑えたいのであれば、メディカルローンやモニター制度を利用する方法があります。
費用に対する不安を解消して、治療に専念でき環境を整えましょう。

親和クリニックの自毛植毛を見る

薄毛・髪のお悩みは親和クリニックにお任せください

その他の自毛植毛Q&A

薄毛/AGAの原因、悩みについて
自毛植毛治療手術の不安、疑問について
自毛植毛の効果について
女性の自毛植毛について
自毛植毛治療の不安、疑問について
自毛植毛の費用についての質問一覧

薄毛治療・自毛植毛専門 親和クリニック 公式サイト

無料メール相談

診療時間内(10時〜19時)のお問い合わせには2時間以内、診療時間外は翌診療開始時間より2時間以内にご返信いたします。

お名前
メールアドレス
ご相談するクリニック
ご相談内容

無料カウンセリングでは豊富な症例写真をご紹介しながら、患者さまのお悩みが解決できる最適な薄毛治療についてご提案いたします。
複数のクリニックの意見を聞いてみたいという方やセカンドオピニオンを希望される方もお気軽にご相談ください。