電話

FAGA(女性男性型脱毛症)とは?主な原因と進行を防ぐための治療法

親和クリニック 大阪院
院長 滝田 賢一

「薄毛」というと男性特有のものと考えられがちですが、最近では女性でも薄毛や抜け毛に悩む人が増えています。女性の脱毛症は「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれています。FAGAは男性の脱毛症であるAGAとは異なる特徴や原因があるので、適した治療を行うことが大切です。ここではFAGAの主な原因と進行を防ぐための具体的な治療法について解説していきます。

FAGAの基礎知識


FAGAとは?

FAGAとは「Female Androgenetic Alopecia」の略称で、女性に見られる進行型の脱毛症のことです。別名「女性男性型脱毛症」とも呼ばれています。

男性の脱毛症は、男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」が影響して発症します。FAGAの場合も、AGAと同じく、この男性ホルモンが原因の1つと考えられています。「女性なのに男性ホルモンが関与するなんて」と驚く人も多いかもしれません。しかし、実は女性の体内にも一定量の男性ホルモンが存在しています。そのため、女性であってもAGAは起こり得る症状なのです。


FAGAの主な症状

FAGAの主な症状として以下のものがあります。

  • 髪の毛の1本1本が細くなる
  • 髪全体のボリュームが少なくなる
  • 頭頂部の分け目が目立つようになる
  • 地肌が透けて見えるようになる

これらの症状はAGAでも見られます。しかし、FAGAは男性のAGAとは異なり、前頭部が後退することはほとんどありません。最初に頭頂部から薄くなり、それがだんだんと周囲に広がって頭頂部が丸く脱毛していきます。

この頭頂部から徐々に薄くなっていく薄毛の症状は、「びまん性脱毛症」とも呼ばれます。「びまん性」とは「全体的に広がる」という意味で、女性に起こるびまん性脱毛症の大部分は、FAGAによるものだと考えられています。


FAGAと主な脱毛症との違い

FAGAとAGAとの違い

FAGAは、主に女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れることで起こりますが、薄毛の症状で有名な、男性特有のAGA(男性型脱毛症)とは、何が異なるのでしょうか。

結論から言えば、AGAとFAGAでメカニズムは変わりません。
AGAも、男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」による毛周期(毛髪の生え変わりの周期)の乱れによって起こります。AGAとFAGAの大きな違いは、その症状の現れ方です。

AGAで薄毛になるのは前頭部・頭頂部の毛髪がほとんどで、薄毛が進行するとその部分の毛髪が完全に抜け落ちてしまいます。それに比べ、FAGAは完全に抜け落ちることはありませんが、頭頂部を中心に全体的に毛髪が薄くなります。

なぜ症状の現れ方にこのような差があるかは未だ不明ですが、FAGAは全体的に毛髪が徐々に薄くなるため、薄毛が進行していると気付きにくいケースが多いので注意が必要です。


FAGAと休止期脱毛症との違い

FAGAの他に、「休止期脱毛症」と呼ばれる脱毛症があります。
毛周期には、毛髪が成長する「成長期」、毛髪の成長が収まり始める「退行期」、毛髪の成長が止まり抜け始める「休止期」の3つの期間があり、毛髪全体で見るとその割合は、成長期の毛髪は90%、退行期の毛髪は0.1%、休止期の毛髪は10%程度だと言われています。

しかし、何らかの原因で毛周期が乱れるとこの割合は崩れ、休止期の毛髪の割合が20%まで大きくなると、抜け毛の量が一気に多くなります。この抜け毛の症状を、「休止期脱毛症」と呼びます。

FAGAでは、頭頂部から短い軟毛(やわらかい毛髪)が抜けはじめますが、
休止期脱毛症では、頭部全体から長い硬毛(太く硬い毛髪)が抜けるという病態の違いがあります。

FAGAの主な進行パターン

ルードウィッグ型

ルードウィッグ型

FAGAの中で一番多いタイプです。生え際の後退はなく、頭頂部から後頭部にかけては徐々に薄くなっていくのが特徴です。


クリスマスツリー型

クリスマスツリー型

生え際から頭頂部の真ん中にかけて薄毛が広がり、クリスマスツリーのように枝葉が左右に広がるように薄くなっていくのが特徴です。生え際部分の薄毛のため、初期段階でも目立つことが多いです。


ハミルトン型

ハミルトン型

AGA(男性型脱毛症)のように、生え際がM字のように薄くなっていくのが特徴です。

FAGAの主な原因

FAGAの主な原因として、

  • 加齢によるホルモンバランスの乱れ
  • 栄養不足
  • 生活習慣

の3つが挙げられます。それぞれについて詳しくみていきましょう。


加齢によるホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンは、加齢とともに少しずつ分泌量が減っていきます。特に、更年期以降の女性においては女性ホルモンの低下が顕著になり、相対的に男性ホルモン「テストステロン」の影響が強くなります。

このテストステロンが毛乳頭の中にある還元酵素「5αリダクターゼ」と結びつくことで、DHTが生成されます。先にも述べたように、このDHTこそが薄毛の元凶となるものです。

DHTがヘアサイクルを乱すことで、髪が十分に育ちきる前に抜け落ちてしまい、結果として薄毛が起こります。


栄養不足

女性の「痩せ願望」は根強く、早く痩せたいがために過度なダイエットに走る人も少なくありません。栄養バランスの悪い食生活を続けていると、髪の毛に必要な栄養素が行き届かず、健康な毛髪を育む頭皮にも悪影響を及ぼす可能性があります。


生活習慣

血液の重要な役割は、細胞に酸素と栄養を運ぶことです。生活習慣が乱れると、血流が悪化し毛根に栄養が届きにくくなり、やがて抜け毛につながります。FAGAを引き起こすタバコやお酒、睡眠不足、ストレスなどの悪習慣の改善を心がけましょう。


遺伝

FAGAは、遺伝によっても起こりやすさが変わります。
薄毛は「優先遺伝」とされており、両親のどちらかに原因となる遺伝子があった場合、子に遺伝する可能性が高くなります。

薄毛の原因となる遺伝は2つあります。


5αリダクターゼの活性度

薄毛の原因物質、男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」は、
男性ホルモン(テストステロン)と酵素「5αリダクターゼ」が反応して生成されます。

この5αリダクターゼの活性(化学反応が活発に行われる性質)が高いほど、DHTを生成しやすくなるのですが、この性質は遺伝によって決まります。つまり、5αリダクターゼの高い活性を両親のどちらかが持っていると、FAGAになる可能性が高いと言えます。


男性ホルモンの受容体の感受性の強さ

薄毛は、DHT(ジヒドロテストステロン)と、毛乳頭の男性ホルモン受容体が結びつき、ヘアサイクルが乱れることで進行します。

そして男性ホルモンの受容体は、人によって感受性(影響の受けやすさ)に違いがあり、
感受性が強いほどFAGAになる可能性が高いです。

この感受性の強さも遺伝によって決まりますが、原因となる遺伝子はX染色体の変異によって生まれるため、X染色体を持つ母親から受け継がれます。よって母方の家系に薄毛が見られると、FAGAになる確率が高くなります。

FAGAの主な治療方法

FAGAの治療法には主に下記の5つがあります。

内服薬・外用薬を使った治療

女性の薄毛治療薬の使用には制限があります。安全面を考慮しながら、薄毛専門クリニックで処方してもらうのが得策でしょう。医師の指示に従って正しく使用すれば治療が可能になります。


発毛メソセラピー

発毛メソセラピー

薄毛の改善に効果的な薬剤を、頭皮の毛根に注入する治療方法です。髪の薄くなった箇所に発毛・育毛成分がダイレクトに届くので、早く効果が現れやすいと言われています。発毛メソセラピーを単独で行うことは少なく、投薬治療などのほかの方法とあわせて治療を進めるケースがほとんどです。

これまでは注入治療に注射針が用いられていたため、痛みがあるのが問題でした。しかし、最近では痛みの少ない施術法も開発されています。親和クリニックでは注射針を使用しない「ノーニードル発毛メソセラピー」を採用しており、痛みを最小限に抑えることが可能です。


HARG療法

HARG(ハーグ)療法とは、髪の再生能力向上を目的とした治療法です。ビタミンやアミノ酸などの栄養分が含まれた「HARGカクテル」と呼ばれるオリジナルの薬剤を注入することで、薄毛の改善を図ります。症状に合わせて注入する成分を調整できるので、副作用なども考慮した上でバランスをとりながら毛髪を育てられます。HARG療法は効果を実感できるまでに時間を要するため、1年以上は見込んでおいたほうがいいでしょう。


自毛植毛

ミノキシジル

主に後頭部や側頭部の髪の毛を採取して、前頭部などの薄毛が見られる箇所に移植していく方法です。後頭部や側頭部の毛髪は、脱毛の原因となるDHTの影響を受けにくいため、別の場所に移植しても薄くなりにくいメリットがあります。自毛を使うので、人工の髪の毛を移植する「人工毛植毛」に比べてアレルギーや細菌感染等の拒絶反応が少なく、定着率が高いのが特徴です。

FAGAを治療する際のポイント

FAGA治療の効果を最大限に引き出すために、下記の3つのポイントをしっかり押さえましょう。


薄毛に気付いたら早めに対策を行う

FAGAは進行性の脱毛症です。一度発症したら自然治癒することはありません。そのため何もせずに放置していると、どんどん薄毛や抜け毛が進行します。そうなると回復までに時間も費用もかかるので、早い段階で適切な診断治療を行うことが大切です。


治療法別のメリット、デメリットを把握する

FAGA治療方法はいくつかあり、どれも一長一短があります。良いところだけを見て後悔しないためにも、それぞれのメリット・デメリットをしっかり把握しておきましょう。治療効果や治療期間、副作用のリスク、費用など、トータルで考えて、納得した上で治療をスタートしてください。


薄毛専門のクリニックを受診する

安易な自己判断による薄毛治療は、リスクを伴います。かえって症状を悪化させないためにも薄毛専門のクリニックを受診することをおすすめします。専門の医師に診てもらうことで、症状に合った治療法を提案してもらえるでしょう。病院やクリニックによっては、初回のカウンセリング相談を無料で行っている場合もあります。

ちなみに親和クリニックでも随時無料カウンセリングを受け付けています。薄毛の悩みがあれば、まずは一度ご相談ください。

FAGAに気づいたら、早めに薄毛専門クリニックに相談しよう

女性であっても男性ホルモンが存在するため、AGAとは無縁ではありません。特に更年期以降は女性ホルモンが低下するので、男性ホルモンの影響を受けやすく、FAGAを発症する可能性が高まるので注意が必要です。

薄毛はデリケートな問題なので、治療に臨むのは勇気がいることかもしれません。しかし、FAGAは進行性の脱毛症であり、放っておくとさらに悪化する可能性があります。早めに薄毛専門クリニックに相談して、髪の悩みを解決しましょう。

女性の薄毛治療を詳しく見る

薄毛・髪のお悩みは親和クリニックにお任せください

その他の自毛植毛Q&A

薄毛/AGAの原因、悩みについて
自毛植毛治療手術の不安、疑問について
自毛植毛の効果について
女性の自毛植毛について
自毛植毛治療の不安、疑問について
自毛植毛の費用についての質問一覧

薄毛治療・自毛植毛専門 親和クリニック 公式サイト

無料メール相談

診療時間内(10時〜19時)のお問い合わせには2時間以内、診療時間外は翌診療開始時間より2時間以内にご返信いたします。

お名前
メールアドレス
ご相談するクリニック
ご相談内容

無料カウンセリングでは豊富な症例写真をご紹介しながら、患者さまのお悩みが解決できる最適な薄毛治療についてご提案いたします。
複数のクリニックの意見を聞いてみたいという方やセカンドオピニオンを希望される方もお気軽にご相談ください。