電話

自毛植毛で移植した髪はAGAの症状で脱毛しないのか?

親和クリニック
総院長 音田 正光

「頭頂部が薄くなってきた…」「生え際が徐々に後退してきている…」
いつの間にか進行していた薄毛・抜け毛・AGAのお悩み。
既に薄毛が進行している部分に自毛植毛しても、結局生えてこなくなってしまうのではとお考えではないですか?
今回は、AGAのメカニズム、またその治療法について解説します。

自毛植毛で移植した髪はAGAでは脱毛しづらい

既にAGA(男性型薄毛症)を発症している状態で、自毛植毛で毛髪を移植しても、同じようにAGAで脱毛してしまうのではと心配される方が多く見受けられます。結論から言えば、自毛植毛によって移植する毛髪は、AGAの影響を受けづらい後頭部・側頭部の毛髪を移植するため、移植した部位でもその性質を引き継ぐため、AGAの症状で抜けていってしまうことはほとんどありません。

AGAのメカニズム

AGAとはAndro Genetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味となります。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことを言い、一般的には遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
ここでは具体的なメカニズムについてお話します。


ヘアサイクルの成長期が短くなる

ヘアサイクル(毛周期)とは、「休止期」「成長期」「退行期」の大きく分けて3つのサイクルがあり、髪の寿命は以下の図にある「成長期」の2~6年を指します。

この「成長期」が短くなることで髪が抜けやすくなり、AGAになるのです。

AGAを根本的に克服するには自毛植毛がおすすめ

AGAは進行性の脱毛症となり、既に髪が生えてこなくなった部分においては、残念なことに薬での発毛効果は見込むことが出来ません。また、自毛植毛以外の治療方法で効果を維持するには継続した治療が必要なため、かかる費用も大きくなってしまいます。

そのため、薄毛の悩みから根本的に脱却したいのであれば、自分自身の後頭部や側頭部の毛を移植する自毛植毛が最善策だと言えるでしょう。

親和クリニックに相談する

薄毛・髪のお悩みは親和クリニックにお任せください

その他の自毛植毛Q&A

薄毛/AGAの原因、悩みについて
自毛植毛治療手術の不安、疑問について
自毛植毛の効果について
女性の自毛植毛について
自毛植毛治療の不安、疑問について
自毛植毛の費用についての質問一覧

薄毛治療・自毛植毛専門 親和クリニック 公式サイト

無料メール相談

診療時間内(10時〜19時)のお問い合わせには2時間以内、診療時間外は翌診療開始時間より2時間以内にご返信いたします。

お名前
メールアドレス
ご相談するクリニック
ご相談内容

無料カウンセリングでは豊富な症例写真をご紹介しながら、患者さまのお悩みが解決できる最適な薄毛治療についてご提案いたします。
複数のクリニックの意見を聞いてみたいという方やセカンドオピニオンを希望される方もお気軽にご相談ください。