電話

AGA(男性型脱毛症)が起こる原因と、その対策を教えてください。

親和クリニック 名古屋院
院長 福島 俊彦

AGA(男性型脱毛症)は、遺伝的な背景や男性ホルモンの影響、生活習慣など、さまざまな要因が引き金となって起こります。
その中でも主な原因となるのが、男性ホルモンです。
たとえAGAを発症したとしても、早期に適切な治療を行えば、薄毛の進行を最小限に食い止めることができます。
ここでは、AGAの原因と対策法について詳しく解説します。

AGA(男性型脱毛症)の
原因とは?

そもそもAGAとはどのような病気なのでしょうか。AGAの治療法を知る前に、まずはその症状と原因について理解しておきましょう。


AGAとは?

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で、日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれています。
主に思春期以降の男性に起こる進行性の脱毛症で、何もせずに放置していると少しずつ髪の毛の本数が減り、薄毛になっていくのが特徴です。
AGAというと何となく中年男性に多いイメージがあるかもしれませんが、20代といった若い世代の方も発症することがあります。

初期の段階では「抜け毛が増えてきた」「毛が細くなった」「地肌が目立つようになった」などの症状がみられることが多いようです。
進行すると、生え際や頭頂部を中心に毛が薄くなっていきます。
AGAは自然治癒することはないので、症状を改善するには適切な治療を行わなければなりません。
一気に髪の毛が抜けることはなく、徐々に進行する場合がほとんどなので、早期対策が薄毛の拡大を防ぐポイントとなるでしょう。


AGAの主な原因

AGAの主な原因として、男性ホルモンの影響が考えられます。
ただし、男性ホルモンそのものが薄毛を引き起こすわけではありません。
男性ホルモンの1種であるテストステロンが還元酵素5αリダクターゼと結合すると、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。
このDHTこそが脱毛の元凶となる原因物質なのです。
DHTは男性ホルモンのレセプター(受容体)と結合し、脱毛スイッチをオンにするよう遺伝子に働きかけ、ヘアサイクルを乱して毛髪の成長を妨げます。
また、男性ホルモン以外にも、遺伝的要素や生活習慣の乱れなどがAGAの原因になると考えられています。


AGAとFAGAの違い

女性の体内にも男性ホルモンは少なからず存在するので、女性であってもAGAとは決して無関係というわけではありません。
最近では更年期以降にAGAを発症する女性が増加しています。
女性の場合は、男性のAGAと区別するために「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれるのが一般的です。
FAGAが起こるメカニズムはAGAと同様ですが、脱毛の進行の仕方に違いがあります。
男性は前頭部や頭頂部など局所的に薄毛になることがほとんどです。
一方、女性は髪が細くなって全体的に薄くなる傾向があります。

さらに治療法についてもAGAとFAGAとでは異なります。
AGA治療薬にはプロペシアなど、女性の服用が禁忌とされるものもあるので注意が必要です。
FAGAの治療を行うときは、専門医と相談して自分に合った方法を選択しましょう。

日常生活でできるAGA対策

AGAの原因として生活習慣の乱れが影響していると考える説があります。
薄毛を改善するには、病院での治療が効果的ですが、時間に余裕がない、病院には行きたくない、という方は日常生活を見直すところから始めてみても良いかもしれません。
そこで、日常生活に取り入れられるAGA対策法をご紹介します。
できることからで構いませんので、少しずつ実践してみてください。


生活習慣を改善する

まずは、栄養バランスのとれた食事を心がけてみるのも良いでしょう。
栄養不足や偏った食生活は毛髪の成長を妨げる恐れがありますので、髪に良いとされる食品を積極的に取り入れましょう。
髪の毛に重要な栄養素として、以下のものが挙げられます。


タンパク質

髪の大部分は、「ケラチン」と呼ばれるタンパク質からできています。
薄毛に悩む人は、タンパク質を積極的に摂取することを心がけましょう。
タンパク質には動物性のものと植物性のものがあります。
それぞれ性質が異なるため、動物性と植物性の両方をバランスよく摂取することをおすすめします。
タンパク質を多く含む食品:卵、乳製品、肉、豆類、穀類など


ビタミンC

美容に良いとされるビタミンCですが、薄毛にも効果があることは意外と知られていません。
ビタミンCには頭皮の毛細血管の流れを改善して、血液の循環を良くする働きがあります。
血液がスムーズに流れることで、髪に十分な栄養が行き届くようになります。
ビタミンCを多く含む食品:野菜や柑橘類


ビタミンB

頭皮の新陳代謝を促進する働きがあります。
さらに、髪の主成分となるケラチンを合成するのに欠かせない亜鉛の働きをサポートする役割を担っています。
ビタミンBを多く含む食品:豚肉やレバーなど



ビタミンE

血液の巡りを良くして、髪と頭皮に酸素や栄養を行き渡らせます。
強い抗酸化力があり、髪を健康にする働きがあります。
ビタミンEを多く含む食品:ウナギ、鮎、魚卵など


亜鉛

食事で摂取したタンパク質をケラチンに作り変えて、髪の生成を促進する重要な役割を担っています。
ミネラルの中でも不足しやすいと言われているので、意識的に取り入れましょう。
亜鉛を多く含む食品:カキ、レバー、ナッツ類など

いくら髪の毛に良い栄養素を取り入れたとしても、生活習慣をおろそかにしていれば、あまり効果は望めない可能性もあります。
睡眠不足や運動不足に陥ると、血行や頭皮環境が悪くなり、髪の毛の成長に必要な栄養素が行き渡りにくなります。良質な睡眠と適度な運動を習慣化しましょう。


頭皮の状態を整える

頭皮環境が悪いと、皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまい髪の成長を妨げることになります。
溜まった汚れをエサにして雑菌が繁殖すれば、炎症を引き起こす可能性もあるでしょう。
毎日シャンプーをして、常に頭皮を清潔な状態に保つことが重要です。


適度にストレスを解消する

ストレスが溜まると、抹消血管が収縮して血行不良になるリスクがあります。ストレスを溜め込まないよう、日頃から自分なりのストレス発散法を見つけておきましょう。

AGAの症状を改善したいなら、クリニックでの早期治療がカギ

AGAとは、遺伝や男性ホルモンのバランス、生活習慣などの要因が複合的に絡み合って起こる病気です。
その中でも男性ホルモンの影響が大きいと考えられています。
AGAは進行性の脱毛症なので、放っておけば徐々に薄毛や広がってしまいます。
症状の進行を食い止めるには、早期治療を行うことが重要です。

AGAの症状を改善するには、薄毛専門クリニックでの治療に加えて、日常生活を見直すと良いとも言われています。
日々の暮らしの中で、できることから取り組みましょう。
薄毛専門クリニックではさまざまな治療法が提供されています。
薄毛の悩みや不安があるのであれば、まずは無料カウンセリングで相談してみましょう。

親和クリニックの自毛植毛を見る

薄毛・髪のお悩みは親和クリニックにお任せください

その他の自毛植毛Q&A

薄毛/AGAの原因、悩みについて
自毛植毛治療手術の不安、疑問について
自毛植毛の効果について
女性の自毛植毛について
自毛植毛治療の不安、疑問について
自毛植毛の費用についての質問一覧

薄毛治療・自毛植毛専門 親和クリニック 公式サイト

無料メール相談

診療時間内(10時〜19時)のお問い合わせには2時間以内、診療時間外は翌診療開始時間より2時間以内にご返信いたします。

お名前
メールアドレス
ご相談するクリニック
ご相談内容

無料カウンセリングでは豊富な症例写真をご紹介しながら、患者さまのお悩みが解決できる最適な薄毛治療についてご提案いたします。
複数のクリニックの意見を聞いてみたいという方やセカンドオピニオンを希望される方もお気軽にご相談ください。