電話

AGAの進行を防ぐにはどのような対策が必要なのでしょうか?

親和クリニック 大阪院
院長 滝田 賢一

薄毛に悩む成人男性の多くがAGA(男性性脱毛症)を発症していると言われています。
AGAは進行性の脱毛症で、自然治癒することはありません。
放置していると症状がどんどん悪化して、やがて地肌が露出するようになります。
抜け毛が増えてきたと感じたら、まずはAGAを疑って、早めのケアをすることが大切です。
しかし、「何から始めたらいいのかわからない」という方も多いでしょう。
今回は、自宅でできるAGA対策と病院で受けられる治療法について解説します。

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGAは男性型脱毛症の意味を持つ<Androgenetic Alopecia>の略称です。これは日本でも大変多く報告されている脱毛症のケースで、特に30代以降の成人男性によく見られる症状です。

またAGAによる薄毛症状はゆっくりと進行していくのが特徴的ではありますが、毛包部分が頭皮に残っている場合には毛髪が再び伸びる可能性も残っているため、出来る限り早めに治療を行うことが重要と言えます。

AGAになる原因

そもそもどうしてAGAになるのでしょうか。そのメカニズムを詳しくみていきましょう。


AGAとは

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で、日本語では「男性型脱毛症」を意味します。
主に思春期以降の男性が発症する進行性の脱毛症で、頭頂部や生え際から髪の毛が薄くなっていくのが特徴です。
一気に髪が抜けることはありませんが、放っておくと確実に薄毛が進行していきます。
取り返しのつかないことになる前に、薄毛治療専門クリニックで治療を行うのが望ましいでしょう。


AGAの主な原因

AGAの主な原因として、ジヒドロテストステロン(DHT)の影響が考えられます。
DHTとは、男性ホルモンのテストステロンが、毛包の中に存在する酵素5αリダクターゼと結びついて生成される物質です。
さらに、このDHTが男性ホルモンのレセプター(受容体)と結合すると、発毛サイクルに好ましくない作用を及ぼします。
成長期が短縮し、退行期、休止期に誘導される毛包が多くなることで、毛が十分に発育する前に抜けてしまう現象が起きてしまうのです。

男性ホルモンの影響に加えて、生活習慣や過度なストレス、遺伝などもAGAの原因になると考えられています。
ただし、その因果関係はまだはっきりと解明されていないのが現状です。

薄毛が気になったら、早めの対策を

多くの男性を悩ませるAGAですが、早めに対策を講じることで早期改善が見込めます。
薄毛が気になったら、自己判断で頭皮ケアを行う前に、まずは薄毛専門クリニックに相談しましょう。
親和クリニックでは、正しい診断のもと、薬物治療や自毛植毛などの適切な治療を行っていきます。

こうしたクリニックにおける治療以外に、日常生活に気を配ることも忘れてはなりません。
暴飲暴食や睡眠不足、過剰なストレスなどは、髪と頭皮に大きなダメージを与えます。
ストレスを上手に解消し、規則正しい生活を心がけてください。
体が健康になることで、髪と頭皮の健康ももたらされることでしょう。

親和クリニックの自毛植毛を見る

薄毛・髪のお悩みは親和クリニックにお任せください

その他の自毛植毛Q&A

薄毛/AGAの原因、悩みについて
自毛植毛治療手術の不安、疑問について
自毛植毛の効果について
女性の自毛植毛について
自毛植毛治療の不安、疑問について
自毛植毛の費用についての質問一覧

薄毛治療・自毛植毛専門 親和クリニック 公式サイト

無料メール相談

診療時間内(10時〜19時)のお問い合わせには2時間以内、診療時間外は翌診療開始時間より2時間以内にご返信いたします。

お名前
メールアドレス
ご相談するクリニック
ご相談内容

無料カウンセリングでは豊富な症例写真をご紹介しながら、患者さまのお悩みが解決できる最適な薄毛治療についてご提案いたします。
複数のクリニックの意見を聞いてみたいという方やセカンドオピニオンを希望される方もお気軽にご相談ください。