電話

無料メル相談

無料カウンセリング

頭頂部への自毛植毛は難しいというのは本当ですか?

親和クリニック
総院長 音田 正光

本当です。

頭頂部やつむじ、前頭部の薄毛にお悩みの方は多いと思います。なかでも頭頂部の薄毛に悩む方は多く、当院にもたくさんの方がご相談にいらっしゃいます。
その中でも特に多い相談は、「頭頂部への自毛植毛は難しいのか」という点です。
結論から言うと難しいですが、それは前頭部(おでこ・生え際)に比べて、という意味です。
確かな効果を実感するためには、他の部位に増して、ドクターやクリニックに高い技術が求められます。どのような技術が求められるのか、詳しく解説いたします。

なぜ頭頂部の自毛植毛は難しいのか?

なぜ頭頂部への自毛植毛は難しいと言われているのでしょうか。
それは、頭頂部は元々ボリューム感が出にくいパーツのため、大量かつ高密度の自毛植毛が必須とされているからです。
また、つむじなどには独特の毛の流れがあるため、デザイン上でも他の部位と比べて難易度が高いとされています。
そのため、高い技術力を持ったドクター、クリニック選びが重要になります。


1. 頭頂部には大量の自毛植毛が必要

頭頂部は、後頭部やM字の生え際などに比べ、面積が広い部位です。そのため、十分な効果を実感するには大量の毛髪を移植する必要があります。また、頭頂部の植毛についてはショックロス(移植箇所周囲の毛髪が抜け落ちる副作用)の予防や、術式・医師の技術によって仕上がりに差が大きく生じる面もあります。
ただし、移植元の毛が傷んでいたり、時間経過によって生命力が悪化すると生着率が下がってしまいます。そのため「短時間」での大量の自毛植毛を行う必要があります。


2. 頭頂部には高密度の自毛植毛が必要

頭頂部は毛髪の見え方によって、髪が濃くも見え、薄くも見えてしまう部位です。M字部分など頭の正面や側面はサイドの毛髪を垂らせば濃く見せることも可能です。しかし、頭頂部は毛髪の薄い部分を隠しにくいため、ボリューム感を出すのが難しいのです。
よって、頭頂部には本数だけでなく高密度の自毛植毛が必要となります。


3. 頭頂部のヘアデザインは難易度が高い

頭頂部のヘアデザインは難易度が高いと言われています。個人差もありますが、大体のつむじ周りの髪の生え方は放射線状になっており、複雑な毛流れになっています。ただ機械的に植毛していくことができず、ヘアデザインを考えながらの作業となるため、時間がかかります。
しかし、自毛植毛は時間との勝負。患者さまの個性に合わせて、瞬間的に判断し作業を行っていく技術力が必要とされるため、特に医師によって技術の差が出やすいと言えます。

頭頂部の自毛植毛を行う上でクリニックを選ぶポイント

頭頂部への自毛植毛は、ドクターの技術力や経験による部分が大きいです。どのクリニックを選ぶか、重要なポイントを紹介いたします。


1.短時間で大量の植毛を実現する技術力

自毛植毛では、「手術時間」が植毛の結果に密接に関係します。採取した毛の細胞をどれだけ新鮮なうちに移植できるかがキーポイントとなるため、施術後の発毛にも大きく関係してきます。さらに、自毛植毛が難しい頭頂部へ大量に植毛できるかどうかの技術力も必須です。


2.高密度でボリュームを演出するデザイン力

頭頂部は特に毛のボリュームを出すことが難しい部位です。また、毛の流れも複雑で、ただ移植するだけでは密度不足に陥りがちです。患者さま個人の頭皮の状況、毛質、毛流れを理解して、ボリュームを演出できるデザイン力が必要になってきます。

これらの条件を満たすクリニックならば、頭頂部への自毛植毛は可能と言えるでしょう。

親和クリニックの「MIRAI法」

親和クリニックでは、一切メスを使わない、切らない治療を行っています。長年の研究と技術の発展によって生み出されたのがこの「MIRAI法」です。


大量植毛を実現する医療チーム体制

当院では、高い技術を持った医師と看護師によるスーパーメガセッションで施術を行っています。チーム体制のため、1度の施術で4,000株の大量植毛を可能です。一般的な自毛植毛が1時間あたり400~600株というのに比対し、当院では1,000株の植毛が可能です。

何故そこまで早い植毛にこだわるかと言うと、植毛の生着率にグラフトの虚血時間(毛根に血が通っていない時間)が大きく関わってくるからです。虚血時間が長ければ長いほど、細胞へのダメージが増え毛根の生着率は下がってしまうため、「MIRAI法」では、万全の医療チーム体制で行うスピーディーな施術を徹底し、生着率を下げることなく大量の植毛が可能なのです。


超極細パンチブレードで実現可能な高密度の自毛植毛

グラフトを植え込むホールの作成で使用するパンチブレードは、口径約0.6mmと超極小。
ホールは小さければ小さいほど、痛みも少なく仕上がりも自然です。
また、移植株はホールよりやや大きい約0.8㎜の大きさのため、移植後のグラフトのズレや脱落も少なく済みます。一般的な自毛植毛では、1平方センチメートルあたりに移植できるグラフトは20~35株なのに対し、MIRAI法では60株の移植が可能となります。そのため、高密度でボリューム感のある仕上がりを実現できるのです。


高いデザイン性を実現するための移植時の工夫

つむじ周りの髪の生え方は放射線状で複雑なため、医師の技術の差が出やすくなっています。頭皮の状態も個人によって異なるため、移植方法もそれぞれ異なります。当クリニックでは、頭頂部への植毛経験の多い熟練した医師が繊細な手技で施術を行います。
また、手術の技術に加えて大切なのが、医師のヘアデザイン力です。仕上がりの形や将来のヘアイメージに合わせて植毛の仕方や既存の頭髪を見極めつつ、より自然な印象に作り上げることが大切です。
植毛手術とは根気のいる作業ですが、それ故に、患者さまの理想のヘアデザインを実現させることができるのです。

頭頂部の自毛植毛経験のあるカウンセラーも在籍

親和クリニックには、患者さまと同様に薄毛に悩み、自毛植毛の経験のあるカウンセラースタッフが在籍しています。同じ悩みを抱えているからこそ、親身になってお話をお聞きすることができ、また最適な治療をご提案することができます。
また、治療を開始した後は、「患者さまサポート相談室」にて治療方法やクリニックの設備など、どんな些細なこともお気軽にご相談いただける環境が整っています。

無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師による3者体制による多面的カウンセリングを行っています。頭頂部への自毛植毛について、不安な点や疑問点がありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

自毛植毛とは

薄毛の悩みを根本的に解決し、自分自身の髪の毛を蘇らせる方法です。
ご自身の毛を移植するので自然な仕上がりが一生涯に渡り続きます。

POINT

  1. 拒否反応がないため身体的リスクが低い
  2. AGAの影響を受けない毛髪を移植
  3. 植毛部分は一生涯に渡り生え変わり続ける
  4. 女性のストレス・ホルモンバランスにも効果的
自毛植毛とは

当院の自毛植毛

2つの独自施術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」。医師が1株1株丁寧に毛髪を採取していきます。

MIRAI法とは?

メスを使わず皮膚を切らないので、痛みが少なく1度に大量の移植が可能。短時間で日帰り手術が可能になります。

NC-MIRAI法とは?

髪を刈り上げずに行う施術法です。バレにくいのが特徴で、術後すぐに職場や日常生活に復帰することが可能です。

当院の自毛植毛

その他の自毛植毛Q&A

薄毛の悩みについて
自毛植毛の手術について
自毛植毛の手術法について
自毛植毛の術後について
女性の自毛植毛の悩みについて
眉毛の植毛について
薄毛治療の費用について

無料メール相談

診療時間内(10時〜19時)のお問い合わせには2時間以内にご返信いたします。
※診療時間外は翌診療開始時間より2時間以内

お名前
メールアドレス
ご相談するクリニック

ご相談内容

無料カウンセリングでは豊富な症例写真をご紹介しながら、患者さまのお悩みが解決できる最適な薄毛治療についてご提案いたします。
複数のクリニックの意見を聞いてみたいという方やセカンドオピニオンを希望される方もお気軽にご相談ください。