電話

20代の女性でも薄毛になることはありますか?

親和クリニック
総院長 音田 正光

薄毛というと30代以降の中高年、とくに男性に多い悩みだと思われがちですが、最近では20代の女性でも薄毛に悩む人が増えています。女性の薄毛と男性の薄毛では原因が異なるため、薄毛になったからといって「男性化が進んでいるのでは?」と不安になる必要はありません。ただし、女性の薄毛は複数の要因が絡み合っていることが多く、症状に合った適切な治療を行うことが大事です。ここでは20代の女性が薄毛になる原因や特徴、また、薄毛の対策方法をご紹介します。

20代の女性が薄毛になる原因と特徴

男性の場合、薄毛になるのは遺伝や男性ホルモンが主な原因です。
一方、女性の場合、複合的な理由から薄毛になる人が多いです。
とくに20代女性のような若い女性の場合は、主に以下の原因で若年性薄毛や若年性脱毛症が引き起こされます。

● 加齢や出産による女性ホルモンの減少
● 生活習慣の乱れ
● 偏った食生活、過度なダイエット、飲酒、喫煙、運動不足など
● パーマやヘアカラーによるダメージの蓄積
● 誤ったヘアケア など

このように、女性の薄毛の原因は男性とは異なり、複数の要因が絡み合っています。
そのため、一つ一つの原因にあった的確な治療が必要です。

女性の薄毛の症状として代表的なのが、髪の毛が全体的に薄くなる「びまん性脱毛症」です。
そのほか、地肌が全体的に見える「牽引性脱毛症」や突然髪が一気に抜ける「円形脱毛症」、頭皮の皮脂の分泌量が多くなりすぎることで発症する「脂漏性脱毛症」、産後に抜け毛が増加する「分娩後脱毛症」などがあります。

症状やその進行速度は個人差がありますが、男性の脱毛症が生え際や頭頂部から進行していくのに対し、若い女性の薄毛の場合は全体的に薄くなり、分け目やつむじ周りから症状が進行しやすいのが特徴です。
主に見られる症状として、分け目が目立ったり、髪全体のボリュームが少なくなったり、髪の毛が細くなったりします。

20代女性の薄毛対策における注意点

生活習慣の見直しだけでは改善されない場合もある

女性の薄毛は男性と比べて改善しやすいケースが多いですが、生活習慣や日々のヘアケアを見直しただけでは改善されない場合もあります。
そのため、セルフケアだけでなく、薄毛治療専門クリニックを受診して改善を図るのが効果的です。
症状に合わせて適切な治療を行えば改善される場合が多いので、薄毛の症状が気になったら薄毛専門クリニックへお早めにご相談ください。


男性向けの薄毛治療薬は使用しない

主にAGA(男性型脱毛症)治療薬として使用されるプロペシアやザガーロなどは基本的に男性用の治療薬です。
女性が服用した場合、胎児に悪影響を与える可能性があるなどといった重大な副作用が現れるおそれがあります。
薬を使った治療に取り組む場合は、必ず医師の診断を受けてから服用してください。


女性の薄毛治療を詳しく見る

薄毛が気になる20代女性はお早めに専門クリニックへご相談を

まずは女性の薄毛治療クリニックを受診しましょう

20代の女性の薄毛対策として大事なのは、症状が進行する前に適切な治療を受けることです。
若いうちに治療をはじめれば、薄毛が改善される確率もそれだけ高くなります。

女性の薄毛の原因は多岐に渡り、自分でその原因を見極めるのは困難です。
そのため、薄毛が気になりだしたら、お早めに薄毛専門クリニックを受診することをおすすめします。

また、クリニックでの治療とともに、食生活や睡眠時間、洗髪方法など、生活習慣の改善を継続して行うよう心がけましょう。


女性の薄毛治療を詳しく見る

薄毛・髪のお悩みは親和クリニックにお任せください

その他の自毛植毛Q&A

薄毛/AGAの原因、悩みについて
自毛植毛治療手術の不安、疑問について
自毛植毛の効果について
女性の自毛植毛について
自毛植毛治療の不安、疑問について
自毛植毛の費用についての質問一覧

薄毛治療・自毛植毛専門 親和クリニック 公式サイト

無料メール相談

診療時間内(10時〜19時)のお問い合わせには2時間以内、診療時間外は翌診療開始時間より2時間以内にご返信いたします。

お名前
メールアドレス
ご相談するクリニック
ご相談内容

無料カウンセリングでは豊富な症例写真をご紹介しながら、患者さまのお悩みが解決できる最適な薄毛治療についてご提案いたします。
複数のクリニックの意見を聞いてみたいという方やセカンドオピニオンを希望される方もお気軽にご相談ください。