電話

自毛植毛に副作用やリスクはありますか?

親和クリニック
総院長 音田 正光

「髪が薄くなるのを防ぎたい」と自分で対策を練ったり、インターネットで検索したりするうちに、植毛が気になってきた方も多いのではないでしょうか。

植毛以外にも薬による治療や増毛もありますが、「AGA治療薬」や「増毛」は、効果を持続させるには薬を服用し続けたり、サロンに定期的に通う必要があります。
それらに対して「自毛植毛」は、1度の手術で理想に近づけることも可能で、他の薄毛治療の選択肢と比べても優れている点が多くあります。

しかし、自毛植毛にもデメリットや副作用がまったくないわけでありません
実際に薄毛治療を始めてから、「他の治療法にすればよかった……」と後悔してしまうことを避けるためにも、自毛植毛の副作用・リスクを知っておきましょう。

「自毛植毛」ってどんな治療方法?

一口に「自毛植毛」と言っても、手術方式が複数あり、それぞれ特徴が異なります。
まずは具体的な手術の内容や、メリットについてご紹介いたします。


自毛植毛とは?

自毛植毛とは?

「自毛植毛(じもうしょくもう)」は薄毛治療法の一種で、名前の通り、後頭部・側頭部に生えている薄毛にならない自分の毛髪を、薄毛が気になる部分の頭皮に移植します。
日本皮膚科学会からも、AGA治療において「行うよう勧める」と評されており、男性・女性問わず、薄毛を改善することが可能です。

自毛植毛には、メスで切開して移植毛を採取する「FUT法」と、切開せずに採取する「FUE法」の2種類の術式があります。


FUT法(FUSS法)

FUT法(FUSS法)による自毛植毛

FUT法では、メスを使って後頭部・側頭部の頭皮を帯状に切除して、移植毛を採取します。
その後、頭皮を毛包※単位に切り分けて移植するのがFUT法です。

FUT法のメリットは、後述のFUE法に比べて採取の難易度が低く、1度に、大量に移植毛を採取しやすいことが挙げられます。
その反面、メスを使って頭皮を切開するため、術後に大きな痛みを伴い、切開した部分に線状の傷跡が残るのがデメリットです。

※毛包:毛髪を作る器官のこと。1つの毛包から、通常1~4本ほどの髪が生えています。自毛植毛では、移植する毛包を数える単位として「株」や「グラフト」という言葉を使います。


FUE法

FUE法による自毛植毛

FUE法は、「パンチ」と呼ばれる医療機器を使い、1株ずつ頭皮をくり抜いて移植株を採取する自毛植毛です。

メリットとしては、頭皮の傷跡を最小限に抑えて採取できるので、FUT法と比べて、手術後の痛みが少なく、傷跡が目立ちにくい、といったメリットがあります。
デメリットとしては、毛包を傷付けずに採取するには高度な技術力が必要になるため、仕上がりがドクターの技術力に左右されやすいことが挙げられます。


自毛植毛のメリットとは?

自毛植毛のメリットとは

自毛植毛の最大のメリットは、「薄毛を根本的に改善できる」ということです。

男性の薄毛の大部分を占めるAGAは、DHT(ジヒドロテストステロン)が原因で薄毛が進行します。しかし、後頭部や側頭部の毛髪はこのDHTの影響を受けにくく、移植後もその性質を維持することが解明されています。
そのため、移植した毛髪が生着したあとは、AGAの影響を受けずに「半永久的に生え変わり続ける」=「薄毛を根本的に改善できる」というわけです。

内服薬・外用薬による治療では、髪の毛が残っていない部位に再び発毛させることはできません
対して、髪を作り出す器官そのものを移植する自毛植毛であれば、もともと髪が生えていない部位であっても施術が可能です。また、自毛植毛で移植するのは自分自身の細胞であるため、拒絶反応が起こらないのもメリットです。

移植毛が生着してからは、自然と髪が生え変わり続け、特別なメンテナンスは必要ありません。カラーリングやパーマといった、ヘアアレンジも自由に楽しんでいただけます。

自毛植毛後に起こり得る主な副作用やリスクは?

薄毛の悩みを解消する、理想的な方法と言える自毛植毛。では、実際に起こり得る副作用やリスクには、どのようなものがあるのでしょうか?一つひとつ確認していきましょう。


まぶたの腫れ

自毛植毛後のまぶたの腫れ

「手術が行われるのは頭なのになぜ?」と思われるかもしれませんが、自毛植毛によってまぶたが腫れる可能性があります。
これは、前頭部付近に自毛植毛を行った場合に起こり得る症状で、手術時に使う麻酔が原因と言われています。
あくまで一時的な症状であり、多くは2~3日程度で治まります


施術部分の痛みや傷

「自毛植毛は外科手術である」ことを知って、真っ先に痛みや傷跡が心配になった方は多いのではないでしょうか。

外科手術である以上、移植毛を採取した部位や移植部分の痛み・赤み・腫れ・傷跡が生じます。ただし、痛みであれば痛み止めの服用、傷跡であれば術式やドクターの力量によって軽減できます

親和クリニックでは、毛髪を採取するパンチの独自改良や、豊富な症例を元に植毛技術を高め続けることで、傷跡や痛みが残りにくい自毛植毛を追求しております。


仕上がりの違和感

自毛植毛後の仕上がりの違和感

自毛植毛は、手術から1年ほど経過すれば移植毛が十分に生え揃い、いろいろなヘアスタイルができるようになります。
ただし、手術前にドクターと患者さまの間で仕上がりのイメージに乖離があると、仕上がりに違和感が生じる可能性も0とは言えません。

基本的に、髪の生え方は人ぞれぞれです。髪の生えている密度や向き、毛の太さ、毛量など、さまざまな要素が複雑に絡み合って、その人の髪型が形成されています。

自毛植毛は、その髪型をデザインする手術です。満足のいく自毛植毛にするためには、患者さまお一人おひとりの既存の髪に合わせて移植できる、技術力・経験の伴ったドクター選びが大切です。

また、ご自身の思い描く「自毛植毛後の理想のヘアスタイル」をドクターに具体的に伝え、両者の間での認識のズレを可能な限りなくしておきましょう。


ショックロス

自毛植毛後のショックロス

「ショックロス」とは、自毛植毛の施術から1~2か月が経ってから、移植した髪の周囲にもともと生えていた髪が抜けてしまう症状のことです。

自毛植毛を受けた方の約20%に、このショックロスが起こると言われています。
はっきりとした原因は解明されていませんが、施術を受けた際に生じる傷や炎症、血流の変化などによるものではないかと考えられています。

もともと薄毛が気になっている部分の近くの髪が抜けるわけですから、薄毛が進行したように感じて不安になるかもしれませんが、過度に心配する必要はありません。

ショックロスは、医学的には「手術後に見られる既存毛の一時的な抜け毛の増加」と呼ばれており、文字通り、一時的な抜け毛です。
もしショックロスが起こっても次第に発毛しはじめ、1年ほどで元に戻り、その後は通常通りのサイクルで生え変わります

確かな結果にこだわった親和クリニックの自毛植毛

親和クリニックでは、科学的根拠がしっかりしている植毛治療をご提供し、安全に確実な結果を出すことを大切にしています。
以下では、私たちがご提供している自毛植毛の内容と、気になる費用についてご説明します。


MIRAI法

親和クリニックのMIRAI法

MIRAI法は、親和クリニック独自のFUE法による自毛植毛です。
移植毛を採取するパンチを独自開発し、直径を0.6mmまで小型化させたことで傷跡や術後の痛みを大幅に抑えています
また、毛髪を作る細胞を傷つけない最小限のサイズで毛包を採取でき、当院の経験豊富なドクターの技術力が加わることで、高密度に移植できるのも魅力。もともとの髪に近いボリュームで自毛植毛が可能です。


MIRAI法 基本料金 200,000円
植毛費用 900円×株数

※価格はすべて税別です


MIRAI法の詳細はこちら


NC-MIRAI法

親和クリニックのNC-MIRAI法

NC-MIRAI法は、手術前後の見た目の変化を極力まで抑えた、周りに気づかれにくい自毛植毛です。
本来FUE法では、髪の毛を採取する際に後頭部などを刈り上げますが、NC-MIRAI法は髪を一切刈り上げずに移植株を採取していきます。
そのため、術後に移植株の採取部位をカバーシートで隠す必要がなく、翌日からいつも通りの髪型で過ごせるのがメリットです。
人前に出る機会が多い方、誰にも知られずに自毛植毛手術を受けたい方のための自毛植毛と言えるでしょう。


NC-MIRAI法 基本料金 300,000円
植毛費用 2,000円×株数

※価格はすべて税別です


United MIRAI法

親和クリニックのUnited MIRAI法

MIRAI法とNC-MIRAI法を、患者さまのご都合に合わせて組み合わせる自毛植毛です。
ご自身の髪で隠せる範囲のみを刈り上げ、隠すのが難しい箇所はNC-MIRAI法で採取します。NC-MIRAI法よりも費用が抑えられる上に、カバーシートも必要ありません


United MIRAI法 基本料金 250,000円
植毛費用 組み合わせによって変動します

※価格はすべて税別です

まずは複数のクリニックでカウンセリングを受けてみましょう

まずは複数のクリニックでカウンセリングを受けましょう

自毛植毛の副作用には、傷跡や痛み、仕上がりの違和感などが挙げられますが、あらかじめ症状を抑えられるものもあります。
自毛植毛を受けようとお考えの方は、「確かな技術力があるか?」「しっかり話を聞いてくれるか?」という2点を意識して、複数のクリニックでカウンセリングを受けると良いでしょう。

技術力に関しては、ホームページやカウンセリングにて、自分と同じような薄毛の症状の症例写真を確認するのがおすすめです。
仕上がりの違和感を防ぐためには、施術するドクターとのコミュニケーションが必要不可欠です。手術前にしっかりドクターに相談できるかどうかを確認し、話してみた印象で判断できるかと思います。

自毛植毛は薄毛治療の中でも、なかなか心理的なハードルの高い治療ではありますが、他にはない効果を得られる治療でもあります。
より満足できる自毛植毛にするためにも、まずはいくつかのクリニックで話を聞いてみましょう。

親和クリニックの自毛植毛を見る

薄毛・髪のお悩みは親和クリニックにお任せください

その他の自毛植毛Q&A

薄毛の悩みについて
自毛植毛の手術について
自毛植毛の手術法について
自毛植毛手術後について
女性の自毛植毛について
眉毛の植毛について
薄毛治療の費用について

薄毛治療・自毛植毛専門 親和クリニック 公式サイト

無料メール相談

診療時間内(10時〜19時)のお問い合わせには2時間以内、診療時間外は翌診療開始時間より2時間以内にご返信いたします。

お名前
メールアドレス
ご相談するクリニック
ご相談内容

無料カウンセリングでは豊富な症例写真をご紹介しながら、患者さまのお悩みが解決できる最適な薄毛治療についてご提案いたします。
複数のクリニックの意見を聞いてみたいという方やセカンドオピニオンを希望される方もお気軽にご相談ください。