電話

クリニックに通う以外で、薄毛を改善する方法はないのでしょうか?

親和クリニック
医師 大河内 裕美

『気になり始めた』状態でしたら、食生活や生活習慣を見直すことで、薬を使用する前の段階での薄毛改善が見込める場合もあります。
薄毛の原因は『食事』『生活習慣』『髪の洗い方』など、日々の習慣の中に潜んでいます。

まずは、考えられる薄毛の主な原因にあてはまるかどうかを確かめてみましょう。
そして、どのように改善すれば良いのか不安な方は医師に相談することをおすすめします。

薄毛の主な原因と薬などを使った改善方法

薄毛の原因と改善方法

多くの人が抱えている薄毛の悩み。
中高年の男性に多い症状ですが、20代の若さで既に薄毛が進んでいる人も決して珍しくありません。また、最近は女性でも薄毛に悩んでいる人が増えてきています。

薄毛の原因は人それぞれで、中にはストレスや生活習慣の乱れから薄毛になる人もいます。その場合、ストレスを発散したり生活習慣を見直すことで、薄毛が改善される場合があります。

一方、自分でできる改善方法では限界があり、医師の診断を受けた方がいい人もいます。
以下では薄毛の主な原因のご説明と処方薬による改善方法のほかに、自分でできる薄毛の改善方法について解説します。


薄毛の主な原因

一般的な薄毛の原因として最も多いのが、AGA(男性型脱毛症)です。

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンの影響から、ヘアサイクルが乱れることによって引き起こされる脱毛症で、ジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞に悪影響を及ぼすこと原因だとされています。

ちなみに女性のホルモンバランスの乱れによる薄毛は、「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれています。

次に、ストレスも薄毛の原因になることがあります。
過度なストレスによって自律神経やホルモンバランスが乱れると、血行不良になって髪の毛に栄養が十分に行き渡らなくなります。

また、不眠や食欲不振といったストレスによる間接的な影響が髪の毛の成長を妨げる場合もあります。

さらに、個人の体質も薄毛に関係していると考えられています。
AGAは遺伝しやすく、家族にAGAの人がいた場合、AGAになりやすい体質となる可能性があります。

食生活や生活習慣もまた、髪の毛に大きな影響を与えます。
栄養バランスが偏った食事ばかり摂っていると、髪の毛の生成に必要な栄養が摂取できません。
また、飲酒や喫煙は血管を収縮させ、頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼします。

さらに挙げられるものとして、頭皮環境の悪化も薄毛を進行させる原因となります。
とくにパーマ液や紫外線は頭皮に大きな負担をかけます。

また、頭皮に合わないシャンプーの使用も頭皮環境を悪化させる原因です。

そのほか、甲状腺の病気や糖尿病など、なんらかの病気の前兆として薄毛になることがあります。


薬の服用による薄毛の改善

薄毛の主な改善方法として挙げられるのが、治療薬の服用です。

男性用の薄毛の治療薬として代表的なものは、フィナステリドを含む「プロペシア」とデュタステリド配合の「ザガーロ」です。

どちらも抜け毛の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する効果がありますが、一般的にはザガーロの方がより発毛効果が高いと言われています。
女性用の薄毛の治療薬としては「パントガール」が代表的で、女性の薄毛症状に多いびまん性脱毛症に効果があるとされています。

薄毛の改善には、発毛剤や育毛剤を使用する方法もあります。
多くの種類がありますが、医学的に発毛効果が認められているのは「ミノキシジル」だけです。

そのほかの薄毛の改善方法として、植毛があります。
内服薬や外用薬の服用による薄毛治療では、もともと髪の毛が生えていない場所に新しく髪の毛を生やすことはできません。

自毛植毛であれば、脱毛部に自分の髪の毛をそのまま移植することができるので、髪の毛の無かったところにも新たに自分の髪の毛を生やすことが可能です。

自分でできる薄毛の改善方法1:食事の見直し

自分でできる薄毛の改善方法1.食生活の見直し

薄毛の原因として『食事』が及ぼす影響は少なくありません。
食生活を見直すことで、薬を使用する前の段階で薄毛が改善されることもあります。


栄養バランスの取れた食事を心がける

栄養バランスの取れた食事は、健康な髪の毛の育成に欠かせません。
栄養不足や毛穴の詰まりは薄毛の原因となりますので、偏食や脂っぽい食事は控えましょう。
また、毎日できるだけ同じ時間に食事を取るのもポイントです。


髪に良い栄養素を食事に取り入れる

髪に良い栄養素として、タンパク質やビタミンB群、亜鉛などが挙げられます。
以下では、具体的にどのような食品に含まれているのか、具体例を交えながら説明します。


タンパク質

毛髪の約9割以上は、18種のアミノ酸が結合してできた「ケラチン」というタンパク質で構成されています。
毛髪の原料であるタンパク質が不足すると薄毛の原因となるので、積極的に摂取してください。

タンパク質には肉や魚、卵に含まれる動物性タンパク質と、豆類やイモ類などに含まれる植物性タンパク質があります。

動物性タンパク質には脂質も多く含まれているため、植物性タンパク質を多めに摂取するのが望ましいです。
特に納豆や豆腐といった大豆製品は抜け毛防止の効果があると言われており、おすすめです。


ビタミンB群

食事から取り入れられたタンパク質は体内でアミノ酸に分解され、再びタンパク質に再合成されます。
この時に必須となるのが、ビタミンB2、B6などの「ビタミンB群」です。

ビタミンB2には新陳代謝を活発にしたり、頭皮の皮脂の過剰分泌を防いだりする働きがあり、レバーや卵、大豆などに多く含まれています。

ビタミンB6はタンパク質がアミノ酸に分解される際に欠かせない栄養素で、マグロやカツオなどの魚類に多く含まれています。


亜鉛

亜鉛もビタミンB群と同様、アミノ酸からタンパク質が再合成される際に欠かせない成分です。

また、毛母細胞が髪を作る時の細胞分裂にも必要な存在だと言えます。
亜鉛は牡蠣や赤身の肉、ナッツ類などに豊富に含まれているので、これらの食べ物を定期的に献立メニューに取り入れてみてはいかがでしょうか。

自分でできる薄毛の改善方法2:生活習慣の見直し

自分でできる薄毛の改善方法2.生活習慣の見直し

血液の循環が悪いと薄毛になりやすくなります。
生活習慣だけでなく、ストレスの有無も血の巡りに影響を及ぼします。
薄毛を改善するには、生活リズムを整えるところから始める必要があります。


良質な睡眠を取る

髪の成長には、睡眠中に分泌される成長ホルモンが大切な役割を担っています。
毎日6時間以上の良質な睡眠を取り、成長ホルモンの分泌を促しましょう。
深い睡眠を取るための準備として、眠る3時間前には食事や入浴などを済ませておくことをおすすめします。


適度に運動をする

有酸素運動によって血行が促進されると、薄毛の改善が見られる場合があります。
ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリング、ヨガといった運動を日常に取り入れ、適度に体を動かしましょう。


ストレスを溜め込まない

強いストレスは血行不良につながります。
適度に発散する習慣を作り、ストレスを溜めないようにすることが大事です。


お酒やタバコを控える

お酒やタバコは血管を収縮させるため、薄毛を引き起こす要因となる可能性があります。

また、髪の毛の成長に必要なビタミンやアミノ酸を不足させてしまう恐れもあります。
過度なアルコールの摂取と喫煙は控えましょう

自分でできる薄毛の改善方法3:洗髪方法の見直し

自分でできる薄毛の改善方法3.洗髪方法の見直し

薄毛の改善には、頭皮の健康状態を保つ必要があります。
日頃の洗髪で、気づかないうちに頭皮を痛めつけているかもしれません。
洗髪方法に見直すべき点はないか、一緒に確認していきましょう。


頭皮の状態に合ったシャンプー選び

薄毛を改善するには頭皮に合ったシャンプーを選ぶことも大切です。しかし、頭皮の状態はひとりひとり異なりますので、自分の頭皮の状態を理解する必要があります。

頭皮がベタつきがちな人は、洗浄力の強いシャンプーを使用することをおすすめします。
洗髪で皮脂をしっかりと洗い流す必要があるためです。

一方、頭皮が乾燥している人保湿力の高いシャンプーを使用した方が良いでしょう。
頭皮を傷めることなく洗髪できる上、皮脂の過剰分泌を防いでくれます。


正しい洗髪方法

頭皮の状態に合ったシャンプーを使っていても、洗い方がよくなければ抜け毛の原因となってしまいます。

正しい洗い方のポイントを押さえましょう。

まず、洗髪前にブラッシングをします。髪の毛のほこりを落とすとともに、髪の毛の絡まりを予め取っておくためです。

シャンプーを行う前には、汚れを落としやすくするために地肌までしっかりと濡らします

シャンプーを頭皮につける際には、必ず手のひらで泡立ててください。
原液をそのまま頭皮に乗せると頭皮トラブルの原因になります。

シャンプーで洗った後は、泡が残らないようにしっかりと洗い流しましょう。
洗い残しがあると、頭皮の炎症を引き起こす可能性があります。


頭皮を傷つけない洗髪

シャンプーをする際は、爪を立ててゴシゴシ洗わないようにしてください。
爪で頭皮に傷がつき、炎症を起こす恐れがあります。
指の腹で頭皮を優しくマッサージしながら洗うと良いでしょう。

薄毛が気になったら、まずは薄毛専門クリニックへ

親和クリニックの無料カウンセリング

薄毛にはさまざまな種類があり、薄毛になる原因も人それぞれです。
自分でできる改善方法を実行することも大事ですが、できるだけ早く医師の診断を受けた方が良いでしょう

なぜなら薄毛には進行性のものもあり、早期に治療を始めないとますます進行してしまう恐れがあるからです。

進行する前に薬物治療自毛植毛を行えば、周囲に気付かれずに薄毛を改善することもできます。

薄毛が気になる人は、まずは薄毛専門のクリニックでカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

親和クリニックでは無料でカウンセリングを行っています。
Web上からもご予約いただけますので、お気軽にお問い合わせください。

自毛植毛とは

薄毛の悩みを根本的に解決し、自分自身の髪の毛を蘇らせる方法です。
ご自身の毛を移植するので自然な仕上がりが一生涯に渡り続きます。

POINT

  1. 拒否反応がないため身体的リスクが低い
  2. AGAの影響を受けない毛髪を移植
  3. 植毛部分は一生涯に渡り生え変わり続ける
  4. 女性のストレス・ホルモンバランスにも効果的
自毛植毛とは

当院の自毛植毛

2つの独自施術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」。医師が1株1株丁寧に毛髪を採取していきます。

MIRAI法とは?

メスを使わず皮膚を切らないので、痛みが少なく1度に大量の移植が可能。短時間で日帰り手術が可能になります。

NC-MIRAI法とは?

髪を刈り上げずに行う施術法です。バレにくいのが特徴で、術後すぐに職場や日常生活に復帰することが可能です。

当院の自毛植毛

その他の自毛植毛Q&A

薄毛の悩みについて
自毛植毛の手術について
自毛植毛の手術法について
自毛植毛の術後について
女性の自毛植毛の悩みについて
眉毛の植毛について
薄毛治療の費用について



無料メール相談

診療時間内(10時〜19時)のお問い合わせには2時間以内にご返信いたします。
※診療時間外は翌診療開始時間より2時間以内

お名前
メールアドレス
ご相談するクリニック

ご相談内容

無料カウンセリングでは豊富な症例写真をご紹介しながら、患者さまのお悩みが解決できる最適な薄毛治療についてご提案いたします。
複数のクリニックの意見を聞いてみたいという方やセカンドオピニオンを希望される方もお気軽にご相談ください。