電話

自毛植毛の手術が失敗することはありますか?

親和クリニック
総院長 音田 正光

医療的な観点から言うと、手術の失敗とは、重篤な症状が発生する、手術をしたにも関わらず改善が見られない、などが上げられます。これまでの症例から言うと、自毛を使った植毛手術のおかげか拒絶反応が起こることはなく、薄毛治療としての効果がほぼ見られているため、失敗というケースはまずないでしょう。

しかし、手術が失敗する可能性は0ではありません。それは、手術が成功したとしても、自毛が生着せずに、期待していたほどの効果がでない場合や、手術後のご自身のケアによる効果削減される場合などを指しているから。十分な増毛効果が得られなかった場合も、それは手術が失敗したという意味になるのです。

主な失敗例とは?


髪の毛がしっかり生着しない

自毛植毛とは、自分の髪を一旦、頭皮から切り離して再分配する手術であるため、採取から移植までの時間は短ければ短いほど良いとされています。それは、頭皮から離れた毛根に血が通っていない時間は、毛根への栄養が止まってしまっている(虚血時間)ということ。細胞がダメージを受けてしまい、生着率は悪くなってしまうのです。
また、治療後の頭皮ケア不足も、生着率を下げる原因となってしまいます。一旦、生着した毛根部分は、とてもセンシティブな状態です。正しいケアを行わないことで、本来、元気だった毛髪にまで悪影響を起こしかねません。


傷跡が目立つ

メスを使った手術法であるFUSS法は、毛髪を皮膚ごと切り取るため、縫い目が傷跡として横長に広く残ることが特徴です。毛根の切断率が低いため、生着率は高いものの、手術後の見た目はあまり良いとは言えません。
また、当クリニックで採用しているMIRAI法は、FUE法の最先端に進化させた治療法です。従来のFUE法はメスを使わないものの、毛髪の株を採取するためのパンチグラフト法のせいで、直径1mm程度の傷跡が散在します。


仕上がりが不自然

植毛を行う際は、ただ髪を増やしたい、薄毛をどうにかしたいという思いが強くあると思います。ただ、髪が増えた後のことを、ご自身でイメージしている方は少ないようです。
せっかく手術を受けても、周囲とのバランスが悪かったり、毛量が多すぎたり、逆に少なすぎたり、もしくは密度が偏っていては、仕上がりは不自然です。髪を増やすだけではなく、見た目を美しく整える必要があります。特に、医師の技量によって差が出やすいパートと言われています。


「ショックロス」は失敗ではない

自毛植毛手術を受けて1~4ヶ月後に、植毛した毛の周囲にもともと生えいてた髪の毛が脱落することがあります。それを「ショックロス」と言い、約20%の方に起こる現象です。原因ははっきりと特定されておらず、また抜け毛の量に個人差もあります。せっかく植毛したのにも関わらず、「ショックロス」により、抜け毛症状が見え始めてしまうのはショックに感じる方も多いと思いますが、心配はいりません。
「ショックロス」とは一時的な副作用であって、施術後4ヶ月~半年ほど経過した頃には、徐々に目立たなくなり、周囲と同様に髪が生え揃います。
決して失敗ではないので、ご安心ください。

自毛植毛で失敗しないためには?

失敗しない自毛植毛の手術を受けるためには、豊富な経験と正しい知識を持ったクリニックを選ぶことが大切です。


健康な毛髪の選別で生着率UP

自毛植毛の最大の目的は、毛のない部分に毛を生やすこと。
すなわち、毛髪の株の生着率を高めることになります。健康な毛根を採取して短時間で移植するためには、ドナーロスを少なくする高度な技術が必要です。
また、採取時に毛根を傷つけると移植しても毛が生えない恐れがあります。
毛根を傷つけず、元気なまま採取するための技量も大切になってきます。


傷跡が目立たない「FUE法」による植毛

「FUE」法は皮膚ではなく、穴を開けて、毛髪をとる方法のことです。
特殊な器具を使って穴を開けるため、切ることはなく、縫合する必要もないため、体への負担感も抑えることができます。
FUSS方式と比べ傷跡が目立たないのが「FUE方式」となります。


デザイン力のある医師による植毛

毛の流れや毛量、密度など周囲とのバランスが不自然では、薄毛治療の根本的な解決にはなりません。
術後のヘアスタイルをイメージし、デザインする力が大切になってきます。
患者さまに合った毛の植え方、仕上がりの形、さらには、将来のヘアイメージまで考え合わせて、植毛の仕方をデザインしていきます。頭皮の状態や骨格など、患者さま1人1人異なるため、それぞれの状態に合わせて工夫するなど、医師の技量によって、仕上がりの結果に大きく差が出てしまうのです。

そのため、医師の技術力やサポート体制、最新の設備を完備したクリニックを選ぶことが大切になってくるのです。

当院の自毛植毛のこだわり

親和クリニックでは、医師の技術力や最新の設備を整えることはもちろん、とことん患者さまと向き合うことで、薄毛治療の先頭を走ってきました。


健康な毛髪をスピーディーに移植

チーム医療で手術を行うハイスピードメガセッションにより、毛髪を新鮮なままでスピーディー移植することができています。
そのため虚血時間を大幅に短縮し、細胞へのダメ―ジを最小限に抑えることで、高い生着率が可能となり、体への負担も軽減しています。


傷跡が目立たない極細パンチブレードの使用

当クリニックでは、パンチブレードという細い管状の医療機器を用いて、移植する毛を毛穴単位で採取しています。
従来の植毛手術とは違い、世界でも最小口径となり0.6mmもののマイクロパンチブレードを使っているため、傷跡が目立たないのはもちろん、傷跡や腫れ痛みも最小限に抑えることができています。極小の穴に毛根を植えつけるため、株の安定感も増し、生着率も向上しています。


理想のヘアスタイルを実現する技術力

3,000症例以上の患者さまと向き合ってきた私をはじめ、ドクター陣の豊富な経験は揺るぎない技術力を支えています。また、患者さまの薄毛のお悩み、ご希望に応えるためにWカウンセリングを実施し、理想のヘアデザインを作り上げるためのお手伝いをしています。

自毛植毛をご検討の方は、信頼できるクリニックを選びましょう

自毛植毛の手術は必ず失敗しないとは限りません。虚血時間による生着率の低下、傷跡や仕上がりなど手術後の出来栄えなど、失敗の可能性はいくつもあります。
しかし、豊富な経験を持ち、正しい技術とアフターフォローの仕組みが整っていれば、その成功率は限りなく100%に近付けることができるのです。
大切なのはクリニック選びです。信頼できるクリニックを選びましょう。

親和クリニックでは、最先端の自毛植毛手術を行っており、患者さまのお悩みとご希望にとことん向き合います。まずはお気軽にご相談にお越しください。

自毛植毛とは

薄毛の悩みを根本的に解決し、自分自身の髪の毛を蘇らせる方法です。
ご自身の毛を移植するので自然な仕上がりが一生涯に渡り続きます。

POINT

  1. 拒否反応がないため身体的リスクが低い
  2. AGAの影響を受けない毛髪を移植
  3. 植毛部分は一生涯に渡り生え変わり続ける
  4. 女性のストレス・ホルモンバランスにも効果的
自毛植毛とは

当院の自毛植毛

2つの独自施術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」。医師が1株1株丁寧に毛髪を採取していきます。

MIRAI法とは?

メスを使わず皮膚を切らないので、痛みが少なく1度に大量の移植が可能。短時間で日帰り手術が可能になります。

NC-MIRAI法とは?

髪を刈り上げずに行う施術法です。バレにくいのが特徴で、術後すぐに職場や日常生活に復帰することが可能です。

当院の自毛植毛

その他の自毛植毛Q&A

薄毛の悩みについて
自毛植毛の手術について
自毛植毛の手術法について
自毛植毛の術後について
女性の自毛植毛の悩みについて
眉毛の植毛について
薄毛治療の費用について

薄毛治療・自毛植毛専門 親和クリニック 公式サイト



無料メール相談

診療時間内(10時〜19時)のお問い合わせには2時間以内にご返信いたします。
※診療時間外は翌診療開始時間より2時間以内

お名前
メールアドレス
ご相談するクリニック

ご相談内容

無料カウンセリングでは豊富な症例写真をご紹介しながら、患者さまのお悩みが解決できる最適な薄毛治療についてご提案いたします。
複数のクリニックの意見を聞いてみたいという方やセカンドオピニオンを希望される方もお気軽にご相談ください。